sentence 3

第007話:怪我したネコウサ娘を……

「ごちそうさま!」


 異世界にも「ごちそうさま」があるんだと思いながら、オレはとりあえずカップラーメンの入れ物を受けとった。

 そりゃもう見事に、スープも一滴残らず飲み干している。

 まあ、とりあえず車中泊の基本なので、ゴミは持って帰ろうと、ビニール袋にしまいこんだ。


「ところでさ、なんで日本語わかるの?」


 満腹で幸せそうな顔のキャラに、オレは非常に基本的な事を質問してみた。

 どうみても、彼女は日本人には見えない。

 肩まで届く琥珀色の髪、薄いながら褐色の肌、少し赤系の瞳、さらに牙のような鋭い歯まで生やし、ネコ耳とウサギ尻尾まである日本人は、少なくてもいないだろう。

 見た目そっくりならば、秋葉原あたりに行けばいそうだけど。


「にゃほんご? なにそれ? わからないけど?」


「つーか、オレと話してるじゃん!」


「ん? ん? ……話してる、うん」


「日本語で話してるじゃん!」


「ん? 話しているのは、いわゆるオバ・ザ・クセン語」


「おばさんくさい語? どこの国の言葉?」


「オバ・ザ・クセン語。同盟系はみんな、これ」


「同盟系?」


「うん。【黒の血脈】同盟国」


「……黒の血脈って……つーか、ここどこよ?」


「ここ? 第十位盟主国【ヘミュン】の端の方」


「どこやねん、それ!……って、オレ、その何とか語を話してるの?」


「オバ・ザ・クセン語、話してるぞ?」


「……まじで?」


「なに言ってるんだ、オマエ?」


 キャラに奇異な目で見られるが、むしろオレがそんな目でオマエを見たい。

 だが、たぶん「奇異」なのは、オレの方なのだろう。

 なにしろ、まちがいなく、オレの方が来訪者なのだから。


「なあ、ところでさ――」


「――ぬぬぬっ!?」


 突然、彼女は自分が座っていた、荷室ラゲッジマットをポンポンと叩きだした。

 そして、低く唸りながら車内の内装をキョロキョロと観察し始め、ボディのあちこちをノックするように叩きだす。


――コンコン


――コンコン


――コンコン


 一通り叩いた後、彼女はワナワナと震える口を動かし始める。


「にゃ、にゃぴょん!? こ、この小さな建物、不思議な材料、使ってる!?」


「今さらかよ!」


「腹減ってて、気がつかなかった!」


「脳と腹が直結しすぎだろうが! それに建物じゃねーよ。乗り物だよ。車だよ、く・る・ま」


「にゃぴょん!? これが、車!? かっこ悪い!」


「なんだと、こんちくしょう!」


「そう言えば……これ……」


「電気ケトル?」


「火もないのに、お湯を沸かした!」


「つーか、これも今さらかよ!」


「しかも、あっという間に、お湯にした!」


「その『あっという間』も、腹ぺこを我慢できなかっただろ、お前は……」


「こんな……こんな魔法の道具、持っているなんて……」


 まるで恐れるようにネコ耳を倒し、上半身を引いて片手で口を押さえてみせる。


「オ、オマエ……何者!?」


「散々、オレから飯を奪っといて、今さらおののくな!」


 こいつのマイペースさの方が、オレには恐ろしい。

 だが、まあ、確かにまだ自己紹介もしていなかった。


「オレが何者って言われても……。説明しても理解してもらえるかなぁ。……よーするに、こことは違う別の遠い世界からやってきたというか……」


「ああ。異世界から来たのか」


「理解早っ! つーか、いきなり冷静になっているし! 異世界って知ってるのかよ!」


「うん。この前、異世界から来た人と話した」


「えーっ!? オレ以外にもいるの!?」


「うん。まあ、こんな変な車、乗っていなかったけど」


「変じゃねぇよ! つーかそれならその人に合わせてくれよ! 帰り方を教えもらうから!」


「その人も帰れないって言っていた。異世界に行くのは、もの凄く難しいと言っていた。すごい力がいるって」


「……え? そうなの? オレ、寝て起きたら、異世界に来ていたんだけど……」


「オマエ、器用だな……」


「簡単な単語になったな、オレのすごい力……」


「それに、キャラは仕事があるから戻れない」


「仕事?」


「そう。仕事。キャラは配達人」


 そう言いながら、彼女はお腹につけていた小さなポシェットをポンと叩いた。

 横二〇センチぐらい、縦は一〇センチぐらいしかない。

 しかし、ベージュの革製のようで、なかなか丈夫そうに見えた。


「この中の書状を期日までに届ける。それが仕事」


「……それがなんでまた、腹ぺこで倒れてたんだ?」


「時間を短縮しようと、近道をした。でも、そこは魔物が出る場所だった」


「魔物……スライムとかそういのう?」


「スライム? それは知らないけど、襲ってきたのはリビングデッド」


「リビングデッド……って、ゾンビじゃん! そっちのが怖いじゃんか!」


「大丈夫。たぶん、こっちには来ない。たくさんいたけど」


「たくさんいたのか……」


「キャラは足が速いので、なんとか逃げられた。でも、とっさに襲われたので食べ物の入った鞄、落としてしまった」


「なるほど……」


「さて。世話になった。もう行く」


 そう言うと、キャラは荷室ラゲッジルームからピョンと飛び降りる。

 とたん、「いたっ!」と左足を押さえて、体を前屈みにする。

 顔が苦悶で歪んでしまっている。


「ど、どうした? 足か? ブーツ、脱いでみろ」


 オレは問答無用で、彼女の左のブーツを脱がす。

 その間にも痛がっていたが、それもそのはずだった。

 くるぶしの上あたりがひどく腫れ上がっている。


「これ、足首、くじいたんじゃねーのか!?」


「へ、平気。これぐらい……」


「平気なわけねーだろうが! つーか、とにかくちょっと、そこに座ってろ!」


 オレはキャラを荷室ラゲッジルームに座りなおさせた。





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                 PR

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         ★★ 本作が気に入った方にお薦め! ★★

         美少女を無視してロボットを愛する主人公!


       「魔生機甲レムロイド ~異界のロボットデザイナー」

        https://kakuyomu.jp/works/1177354054880245000


            別ウィンドウで開いてみてね!!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!