第52話

「どうした?」

 由羽の狼狽の仕方に面食らいながらも、ヨウは優しく諭すように由羽の頭を撫でた。

「…………」

 頭を撫でられた由羽は、何度か深呼吸をすると、「ごめんなさい」と、体を離した。倒れた椅子を直し、腰を下ろした。

「お前がそれほど追い詰められるって事は、乙姫の未来視はやっぱり良くないのか」

「うん……。絶望的なまでにね……」

 シュンッと項垂れる由羽。彼女の目からは、今にも涙が零れそうだ。

 ヨウは知っている。由羽は人一倍強く、正義感がある。だけど、周りに頼れる人が居ない。乙姫は守るべき存在で頼るわけにはいかない。明鏡には、ヨウもレアルもいないのだ。常に、彼女は一人で戦っていたのだ。

「それに、その様子だと他にあるか?」

 ピクリと、由羽の肩が震えるのが分かった。

 由羽がこれほどまでに追い詰められていると言うことは、やはり、ただ事ではない。明鏡では、由羽の意思、発言はほぼ絶対的な力を持つ。ヨウが知る限り、明鏡は乙姫の元、一つにまとまっている。その由羽がこれほどまでに憔悴していると言うことは、もっと別の問題だ。恐らく、乙姫の未来視では見えていない事態。

「傀儡……。ユーラミリア、ユラの奴か……」

 ヨウの問いかけに、由羽は小さく頷く。

「アイツも絡んできている。もう、ローゼンティーナの未来はメチャクチャよ。ただでさえ、未来視が安定しないし、魔神機だけじゃなくてユラまで関わってきているなら、防ぎようがない」

「大丈夫だよ」

 抑揚のない声でヨウは言った。由羽が目を上げる。

「俺がいるんだ。レアルだっている。大丈夫だ」

「ヨウ……」

 由羽は口元に小さな笑みを浮かべた。


 ヨウ!


 その時、廊下からけたたましい足音と共に、レアルの声が聞こえてきた。

「あのバカ……。もっと静かに隠れてこられないのかしら」

 溜息をつきながら、由羽が再びスティックのスイッチを入れる。一瞬にして、由羽の顔が別人に切り替わった。

「ヨウ! 大丈夫か!」

 レアルが飛び込んできた。勢いよくカーテンを開け、ヨウの傍らに座る変装した由羽を見て、目を丸くする。

「なんだ、てっきり一人かと思ったぞ。しばらく面会禁止だったから、なかなか来られなかった。ホラ、土産だ」

 レアルは、抱えた紙袋をベッドの上に置いた。

 漂ってくる香、これはハンバーガーだ。

「テラギガントバーガーだ! もの凄いカロリーなんだ、これで元気をだしてくれ!」

 ドカッとベッドに腰を下ろしたレアルは、紙袋から子供の頭ほどもある大きなハンバーガーをヨウに手渡した。自分も同じ物を取り出す。そして、空いている手で紙袋を由羽に渡す。

「ホラ、由羽、お前も食え。コビーの為に買ってきたが、お前にくれてやる」

「えっ? ありがとう……、って、アンタも私の変装分かるわけ? どーなってるのよ、明鏡の技術!」

「匂いだ。由羽、お前臭うぞ。生理か?」

「しっ、失礼ね! 確かに、あの日だけどさ! 匂いで分かるとか言われると、ショックなんだけど!」

 大声を出しながら、由羽はスティックを操作して顔を元に戻す。

「俺様達の間だ。気にするな。それよりも、ヨウ! 二回戦は面白かったぞ。もし、お前がソフィアを持っていたら、絶対に皆殺しに出来たな!」

「バカね。殺したら失格よ、失格。でもまあ、生身でも頑張ったじゃない。ジンオウが師匠だから、どうかと思っていたけど、安心した。レアル、アンタは相変わらず、バカね」

「そういう由羽も相変わらずだな。大方、明鏡からヨウや俺たちとの接触は止められていたけど、寂しくなって出てきた、そんな所だろう」

「アンタって野生の獣ね。その感、本当に忌々しい」

「褒められたぞ、レアル」

「そうだな。俺様は獣だ!」

 言いながら、レアルはハンバーガーに噛みつく。ヨウも、レアルに習って噛みついた。久しぶりの食事だ。体が栄養を欲していた。

「全く……」

 言いながらも、由羽は笑いながらハンバーガーに口を付けた。

「心配はいらない」

 モゴモゴと口を動かしながら、レアルは由羽を見る。

「俺様がいる。ヨウだっている。俺様達三人がそろえば、不可能はないだろう? もし、絶光が出てきたとしても、魔神機が出てきたとしても、どうにかできる」

「能天気ね」

「考えてもしようが無いことは考えない。考えるだけ無駄だ」

「それもそうね。……私達三人がそろえば、不可能はない。どんな事だって出来る」

 由羽は自分に言い聞かせるように言った。

 それからは、三人とも話はしなかった。夜の病室に、ハンバーガーの不健康そうな香りと、咀嚼する音が響く。


 ピピピピ……


 由羽の胸元から電子音が聞こえた。由羽はシグナルプレートを取り出す。


 お姉様、アリエールとシノがそちらに向かっていますよ! 見つかると、面倒くさいことになると思います。


「分かった、戻るわ」


 はい、私もテラギガントバーガーを買ってホテルに戻ります!


「楽しい時間も、お開きね」

 由羽は残りのハンバーガーを口に入れると立ち上がった。

「行くのか?」

 由羽は頷く。

「バレているかも知れないけど、私が来ていることは、一応極秘なの。だから、二人とも私の事は言わないでね」

 由羽は窓際へ歩いて行く。窓を開けると、強いビル風が室内に入ってきた。大きくカーテンを揺らした。

「じゃあ、ヨウ、レアル。また会いましょう」

「時が来たらな!」

「ああ、またな!」

 ヨウとレアルが手を振ると、それに答えるように由羽は会心の笑みを浮かべた。


 入るぞ!


 廊下からアリエールの声がすると同時に、扉が開いた。

「ヨウ! レアル!」

 アリエールはベッドまで歩み寄ると、周囲を見渡した。

「アリエール、誰も居ないわ」

 強い風がシノの髪を揺らす。シノは窓から顔を出し、異常がないことを確認すると、窓を閉めた。

「ったく、逃がしたか」

 仏頂面で立つアリエールをレアルは悪びれる様子もなく見上げた。

「悪いな、アリエール、シノ、お前達のハンバーガーはないぞ」

 不機嫌なアリエールは、探るようにヨウとレアルを見る。何を聞いても無駄だと悟ったのだろう、これ見よがしの溜息を吐き出して、シノと共に病室から出て行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます