第十二話 友達

 家の前で、中から時折聞こえてくる話し声を耳に入れながら佇んでいると、門の方からレジ袋を下げた端島が歩いてくるのが見えた。


「お前、なにしてんの?」


 端島は、俺の前で立ち止まると不思議そうに聞いてきた。


「…外に出てろってさ、いろいろあって」

「ふーん?」


 端島は俺の右隣に建てつけられた、カーテンで覆われて中が見えない窓を見ると、また俺の方に向き直った。


「いつ中に入るんだ?」

「わかんね。たぶん、呼んでくれると思うけど」

「…じゃ、俺も待とうかな」


 どこかつっけんどんにそう言うと、端島は俺の左隣にどかっともたれかかった。

 その顔は俺とは真逆の方向を向いており、その表情は見えなかった。

 だけど、俺には端島の気持ちがわかった気がして、少し笑ってしまった。


「優しいな、端島は」

「は? お前のためじゃねえし。単に女子だけのとこに入りたくねえだけだから」


 端島はなおもその顔をこちらに向けなかった。でも、だてに三年間一緒にいるわけじゃない。


「出たな、ツンデレ」

「ツンデレじゃねえって言ってんだろ!」


 ようやく振り向いた端島に、俺は思いっきりどつかれた。

 かなり痛かったけど、少しは気が晴れた気がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます