僕と彼女のリア充ライフ

一条二豆

プロローグ

武野遙々について

 俺――武野たけの遥々はるばるについて少し話そう。


 愛知県で生を受け、小学校四年生の頃、親の転勤で香川県へと越してきた。


 現在十五歳で、中高一貫校に通う現役の高校一年生だ。


 友達はそこそこいて、特別誰かから嫌われていることはあまりないと思う。

 学校では、いじられキャラとして、毎日友達にからかわれる日々を過ごしている。


 彼女は欲しいが、フラれること人生で五回、彼女いない歴イコール年齢である。


 ルックスはよくはなく、身長は低め。

 コンプレックスであるくせっけのあるボサボサの髪に、何の変哲もない黒の眼鏡。


 勉強はやってはいるが伸び悩んでおり、スポーツも大の苦手だ。


 部活は文芸部。二次元オタクで、将来の夢はライトノベル作家。


 友達からは優しくて人柄のいいやつだと言われている。

 本気で嫌いと、うざいと言われたことはない。


 だけど、自分に自信がない。

 自分で呆れるほど、それでも払拭できないほど。


 そんな、少年。そんな、どこにでもいる普通の少年。


 でももし、そんな少年に大切な人ができたら。


 こんな俺に、大切な人ができたら。






 俺は、少しは、変わることができるのかな。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます