第69話

  二

 やがて豆狸は、声を上げた。

「ここで御座います!」

 立ち止まると、崖に階段が刻まれている。階段はくねくねと曲がりくねりながら、崖の上へと続いている。

「ここを登るのか?」

「さようで御座います。この上に、狸穴へと続く道が御座います」

 豆狸の言葉に、お花は呆れた。

「まだ着かないの? ずいぶん、遠いのね」

「ともかく、登って見ようぜ」

 時太郎は先頭に立って階段を登り始めた。

 階段は岩壁を直にのみなどで刻まれたものらしく、不揃いで時々途切れたり、妙な間隔が空いたりしている。

 幅は狭く、今にも転げ落ちそうで、気の弱いものなら登攀を諦めてしまいそうだ。

 ようやく頂上に着くと、そこには小さな小屋が掛かっていた。

 小屋の前には長椅子があり、そこには一匹の狸が傲然と腰を下ろし、煙管をぷかーり、ぷかりと悠長に吹かしている。

 狸は、じろりと時太郎とお花の肩に乗っている豆狸を見て口を開いた。

「何のようだね? お前さんの肩に乗っているのは、狸御殿の豆狸のようだが」

 お花が話しかけた。

「こんにちわ! あたしたち、狸穴へ行きたいんだけど、ここから行けるのかしら」

 狸は、ふむ、と鷹揚に頷いた。

「狸穴へ行きたいのか。それなら、それに乗りな。その豆狸なら、道を知っているはず」

 手にした煙管の先を振って指し示す。

 そこには四つの車輪を持った奇妙な台が置かれていた。車輪の下には鉄製らしき軌条レールが二本、長々と視線の届く限り先にと続いている。台の上には棒の上に横に渡された把手ハンドルがついている。

「これは……なんだい?」

 時太郎の質問に狸は答えた。

簡便手押式台車トロッコだ! そいつに乗れば、真っ直ぐ狸穴に着ける。行きは下り坂だから、楽だぜ。ただし、帰りは相当に辛いがね」

 恐る恐る二人は簡便手押式台車の台に乗った。目の前の把手を掴む。

 時太郎は、ぐいっ、と把手を押し下げた。

 がくん、と微かな衝撃があり、簡便手押式台車は、ごとごとと音を立て動き出した。

「あはっ!」

 時太郎は思わず声を上げていた。

 面白そうだ!

 ぐいっ、ぐいっと時太郎とお花は把手を動かした。時太郎が力を込めるたび、車はぐんぐんと速度を上げる。

「ちょっと……時太郎、面白がるのはいいけど、押さえてよ! 危ないわ!」

 お花の言葉にも、時太郎は夢中になって把手を動かしている。動かすたび、簡便手押式台車は速度を上げた。

 びゅうびゅうと吹き付ける風が物凄い。

 鉄路は森の中を進んでいた。

 やがて坂道は平坦なところに代わり、辺りは広々とした草原になる。

 遙か彼方に、きらっ、きらっとした輝きが見えてきた。

「なんだろう」

 時太郎は伸び上がって、そちらを見透かす。

 お花が鼻をくんくんとさせた。

しおの匂いみたい……」

「潮だって?」

 時太郎はお花の肩に止まっている豆狸を見つめた。豆狸は頷いた。

「はい、海が近いのです。狸穴は海の側にあるのです」

「海……!」

 時太郎は声を弾ませた。

 海なんて初めて見る!

 広がる海原を見て、時太郎は叫んだ。

「広い……! なんて広いんだ!」

 簡便手押式台車は海岸べりを真っ直ぐ進んでいた。

 真っ青な海原から、白い波が砂浜へと打ち寄せる。砂浜の砂はほとんど白といってもいいほどの色で、なにか特別なものが含まれているのか、時折きらきらと光を反射している。

「狸穴、っていうから、どっかの洞窟に住んでいるものとばかり思ってたわ!」

 お花が感想を言うと、豆狸は髭をぴくぴくさせた。なんだか「してやったり!」という表情である。

 と、豆狸は鉄路の向こうを見やって緊張した表情になった。

「時太郎さん、終点が近づいてきました。制動装置ブレーキを!」

「制動装置って、なんだい?」

「簡便手押式台車を停めるんです! ほら、そこの梶棒レバーを引いてっ!」

 豆狸の声は悲鳴に近くなっていた。

 終点が見えてくる。鉄路の先に車止めがある。出発したときと同じような小屋があり、そこから数匹の狸が飛び出して来た。

 明らかに慌てている。手を振り回し、なにか叫んでいる。

「停めろっ! ぶつかるっ!」

 狸たちの切迫した口調に、時太郎もようやく事の重大さを認識した。

 梶棒に飛びつく。

 ぐいっ、とばかりに力いっぱい引き寄せる。

 ぎぎぎぎい~っ!

 軋むような音を立て、制動装置が利きはじめる。車輪から火花が散り、なにか油が燃えるような、厭な匂いが漂った。

 お花も時太郎と一緒に棒を引き寄せた。

 二人と豆狸は、ぐんぐん近づいてくる車止めを見つめていた。

 着実に近づいてくる。速度は、あまり下がっていない。

 このまま、ぶつかると……。

 時太郎は目をいっぱいに見開いていたが、お花は恐怖のあまり目を閉じている。

 そして、ついに……!

 がくんっ!

 簡便手押式台車は車止めに衝突してしまった! 衝撃で、台車は横倒しになり、時太郎とお花は投げ出される。

 ぐるぐると空が回り、時太郎は後頭部を何かに打ち付けていた。

 ぱっ、と目の前に星が飛び、あとは何も判らなくなった……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます