第53話

  五

 廊下の突き当たりに一枚の引き戸があり、その両側に天狗が立っている。引き戸の側には巨大な木製の歯車が設置されていた。

 三人を連れてきた天狗は、立っている二人に声を掛けた。

「天儀台だ! 大天狗さまに会いに行く」

 両側に立っていた天狗は、その言葉に頷くと引き戸を開けた。引き戸を開けると、中は小部屋になっている。四人が入ると一杯である。

「やってくれ!」

 天狗がひと声、甲高く叫ぶと、そこにいた二人の天狗は歯車に取り付いた。

 歯車には手を掛ける場所があり、二人の天狗が力を込めると、ぎりぎりぎりと音を立て、歯車は回り出した。

 同時に、四人の入った小部屋が上昇を始めた。

 時太郎とお花はこの動きを予想していなかったので、部屋が上昇し始めるとぎょっとして、おたがいにしがみついた。

 それを見て天狗は、にやりと笑った。

「心配するな。ただの昇降機エレベーターだ。これは天儀台に直行する」

 ごとごとと暫く小部屋は上昇を続けた。

 やがて、がったん! と音を立て停止すると、そこには星空が広がっている。

 あれ? いつの間に夜になったのか、と良く見ると、星空は半球形の屋根の内側に映し出されたものであった。

 時太郎は昇降機の小部屋から一歩、踏み出した。

 部屋の真ん中には、見るからに複雑そうな装置が、でん、と置かれている。

 幾つもの金属の輪がぎっしりと組み合わされ、輪には同じく金属の球が嵌め込まれている。見ているうち、輪はゆっくりと回転しているようだった。輪は一つ一つ別々の速度で回っている。

「これは、何だい……」

 恐る恐る時太郎は輪に指を触れた。すべすべした金属の輪はひやりとした感触を伝えてくる。輪に嵌め込められた球体が近づいてきた。

 球体にはさらに小さな球体が棒で繋がれている。小さな球体は二つあり、一つは小さく青く塗られ、もう一つは少し大きく、赤く塗られている。二つの球は輪に嵌まった球の周りを、ゆっくりと回っていた。

「それは、この世界を表しておる……」

 不意に部屋の中に重々しい声が響いた。

 声と同時に部屋の壁の片隅が開き、外光が差し込んできた。半球形の屋根に映し出されていた星空は、瞬時に消えた。

 ぎょっとして顔を上げると、そこに大天狗が立っていた。

 まさに、大天狗だった。身長は七~八尺は優にありそうで、広々とした半球形の部屋が、そこに立っている大天狗一人のせいで、急に狭くなったようだった。

 身に着けている装束や顔かたちは、他の天狗と同じだが、遙かに巨大だ。

 さらに大きな違いは、大天狗の髪の毛が、雪のように真っ白になっているところだった。

 ふさふさとした、真っ白な眉毛の下から大天狗は、じっと時太郎を見つめていた。

 大天狗の威圧するような目に、じーっと見つめられ、時太郎はなぜか落ち着かない気分になった。

 大天狗は頷くと、口を開いた。

「お前が、河童淵からまいった時太郎であるか?」

「えっ?」

 時太郎は驚いた。なぜ、この大天狗が自分の名前を知っているのだろうか?

 ゆっくりと大天狗は歩み寄った。

「この苦楽魔と河童淵は、昔から深いえにしに繋がっている。河童淵の水虎から、お前のことについて宜しく頼むとあったので、待っておったのだ。よく来たな、歓迎するぞ」

 大天狗は開いた窓を指し示した。その方向を見た時太郎は「あっ」と驚きの声を上げた。

 窓の外に岩が突き出している。鼻の形をしている。つまり最初に見た、天狗の顔を刻んだ岩の目の所に開けられた窓なのだ。

 しかも、窓から真っ直ぐ視線が伸びた先には、水虎さまの像が遙かに見えているではないか。

 大天狗は時太郎が見入っていた機械を指さした。

「その輪に載っている球一つ一つが、我々が今いる世界全体を現しておる。お前の前を通っていく球は、我らが住んでいる世界そのものなのだ。二つの小さな球は、紅月、藍月を表しているのだ」

 お花は「ぷっ」と噴き出した。

「まさかあ! こんな真ん丸の球に、あたしたちがいるなんて、信じられないわ! つるつるの球に立ってられないでしょ。下に落っこちゃう……」

 天狗は、ゆるゆると首を振った。

「違うのだ。我らが立っているこの球は、物凄く大きく、しかも総てのもの引き付ける力が働いておる。球の上にいる者も、下にいる者も今いるところが上だと思っておるから、落ちないのだ」

 お花は納得しないのか、首をかしげている。

 天狗は、にぃっと笑いの表情を作った。

「まあ、それは、どうでもよい。時太郎、おぬしは京の都で母親を探すという使命があるのだろう?」

 時太郎は一歩、大天狗に近づいた。

「うん! この苦楽魔で仲間を探せ、と言われたんだ」

 大天狗はちら、と時太郎の背後に控えている翔一を見た。

 翔一は大天狗の姿に圧倒されているのか、がたがたと足を震わせている。

「その者は?」

 翔一の隣に立っていた天狗が口を開いた。

「この烏天狗、なにやら大天狗さまに申し上げたい儀があるらしく、連れてまいりました」

 天狗は翔一の肩を、ばしん、と叩いた。

 叩かれ、翔一は勢いで一歩二歩、つんのめって前へ進む。言い出しかねているのか、胸の前で両手を捻くり、ぱくぱくと口を開いたり閉じたりしている。

 天狗は声を掛けた。

「さ、ここまで来たのじゃ。大天狗さまにお願いしたい儀があれば、申し上げよ!」

 翔一は背後を振り返り、今にも泣き出しそうな情けない顔になる。

 大天狗はじっと翔一を見下ろしている。それに気付き、翔一は俯いてしまった。

 すかさず大天狗が声を掛けた。

「願いの儀とは、なんじゃ? 話せ!」

 大天狗の厳しい声に、翔一は飛び上がった。

 顔を真っ赤にさせ、途切れ途切れに口を動かす。

「お、おれ……いや、わたくし……烏天狗の翔一と申します……! あ、あの、おれ……ずっと苦楽魔で機械の係りを仰せつかっておりますが……その……」

 大天狗は黙って待っている。

 大きく息を吸い込み、翔一は思い切ったように叫んだ。

「おれ、まだ葉団扇を頂いておりません! いつになったら、頂けるのでしょうか? おれと同じ時期に烏天狗になった仲間は、おれがいつまで経っても葉団扇を貰えないので、さんざん馬鹿にしております! やれ半人前だとか、烏天狗じゃなくて雀天狗だとか……」

 お花は、ここに連れてきてくれた天狗に、そっと話しかけた。

「葉団扇が貰えないことが、どうしてそんなに大事なの?」

「葉団扇がないと、我らは空を飛ぶことができぬのじゃ! じゃから、あの翔一という烏天狗は、必死なのじゃ」

 意外な答にお花は「へええ」と驚きの声を上げた。時太郎も、天狗が葉団扇がないと空を飛べないということは初耳だった。

 大天狗は微かに頷いて見せた。

「おぬしのことは耳にしておる。なぜ、おぬしが葉団扇を貰えないのか、その訳を承知しておるかな?」

 翔一は、ぽかんと阿呆のように口を開けた。大天狗の質問は予想もしないものらしかった。

「わ……訳でございますか?」

 さっぱり判らない、と首を振る。

 大天狗は、溜息をついた。

「しかたないな……では教えて進ぜる。その前に葉団扇を渡そう……」

 大天狗の言葉に翔一は、ぱっと顔を輝かせた。

 が、大天狗が差し出した葉団扇に、その顔が曇った。

 大天狗が差し出したのは、確かに葉団扇の形をしているが、楓の葉ほどしかない、翔一の手の平ほどの大きさの葉団扇だった。

「あ、あのう……これが?」

「葉団扇じゃ! 使って見ろ!」

「は、はい……」

 翔一は葉団扇を手に持ち、背中の羽根をぱたぱたと動かした。

 動かない。全然ぴくりとも浮かない。

 さらに必死になって、背中の羽根を早く動かす。

 たちまち翔一の顔から、汗が滝のような勢いで噴き出してきた。

「お!」と時太郎たちは目を見張った。

 一瞬、翔一の足が微妙に浮いたような……。

 しかし、がっくりと疲れ果て、翔一は肩を落とした。恨めしげに大天狗を見上げる。

「と、飛べませぬ!」

「当たり前じゃ! その葉団扇は、おぬしと同じく半人前なのじゃ。まだ一人前の葉団扇として育ってはおらぬ」

 翔一は虚脱状態に陥り、ぼんやりと手にした葉団扇を見つめた。

「わたくしと同じ、半人前?」

「そうじゃ、その葉団扇で一人前の天狗と同じように空を飛ぶには、おぬし自身が一人前にならねばならぬ。第一、翔一よ、おぬし太りすぎじゃぞ! そのようにぶくぶくと太りおって、空を自在に飛ぼうなど、無茶な願いと思わんのか?」

 翔一は「ああっ!」と小さく悲鳴に似た声を上げた。大天狗は続けた。

「葉団扇は我ら天狗が空を飛ぶためには必要だが、葉団扇だけの力で空を飛ぶわけではない。背中の羽根の力も必要なのじゃ。じゃが、今のおぬしでは羽根の力も足りん。おぬしに渡した葉団扇はまだ小さいが、おぬしが発奮して懸命になれば、いずれは一人前の葉団扇に育つでろう」

 大天狗は時太郎に向き直った。

「時太郎よ、おぬしの仲間に、この翔一を加えてはどうかな? おぬしの、母を訪ねる旅に同行することが、翔一の一人前に育つ旅となるはずじゃ」

 時太郎は改めて翔一を見た。

 ころころと豚以上に太った身体つき、顔を半分ほど覆うほどの大きな度の強い眼鏡の奥から、不安そうな瞳が見つめ返してくる。

 半人前……翔一の言葉を、時太郎は思い返していた。

 時太郎は大きく頷いた。

「いいとも! 仲間になってくれ、翔一!」

 翔一は弾かれたように顔を上げた。

 その目に浮かぶのは希望か、あるいは不安か?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます