第12話

         廃寺

          一

 夜明けが近づき、山中の木々が朧に見分けがつく状況になってきた。杉林に入ったらしい。間伐がされていないと見え、杉林は鬱蒼と暗い。

「なんじゃ、これは?」

 杉木立に纏いついている妙な印に、源二は思わず声を上げていた。

 一本の縄が数本の杉に架け渡されている。縄には所々、萎びた胡瓜がぶら下がっていた。胡瓜が御幣だったら、これは注連縄である。

 河童の神籬ひもろぎか……。源二はやや皮肉な気分で、それを見上げる。

 三郎太の腕に抱え上げられたまま、時姫は縄にぶら下がっている胡瓜を見上げた。黄色く変色した胡瓜は、今にも千切れて落ちそうである。

「結界だ。この結界を越えて山に入ることは、里の者に禁じてある」

「なんの結界じゃ?」

「河童の結界だ。ここから先は、河童の領域なのだ。もし許しがなく里者が入り込めば、我らの報復を受けることになっている。そういう約定なのだ」

 その言葉に源二は、大きく頷いていた。なるほど、だから安全な場所だと言うのじゃな……。

 三郎太は抱えていた時姫をすとん、と地面に降ろした。一瞬、姫はふらついたが、それでもしっかりと地面を踏みしめる。

 ありがとう……と口の中でつぶやいた。興奮が残っているのか、頬が赤い。

 三郎太は腕を挙げ、森の中を指さした。

「ここから真っ直ぐ進めば、廃寺が見つかるだろう。荒れてはいるが、住むには充分だ。あとは、あんたらだけで行けるな?」

 うむ、と源二はうなずいた。

「いろいろ済まぬな。世話になった」

 思いついた、といった様子で、三郎太は言い添えた。

「あんたらのことは、仲間に言ってある。だから、あんたらに限ってなら、結界を通ることは自由だ。しばらくここで、ほとぼりを冷ますなりするが良い」

 返事も待たず、三郎太は木立に分け入り、そのまま姿を消した。がさがさという茂みが掻き分けられる音がしたかと思うと、静寂が戻ってくる。

 最初に出会ったときと同じく、別れの挨拶も無く、だしぬけに去っていく。

 ほっ、と時姫は、溜息をついた。

「すっかりあの方に助けられてしまいましたね。お礼を言う暇もありませんでした」

 姫の言葉に源二は苦々しい思いになった。

 まったくもって、その通りである。しかし、そんな感情を振り捨て、口を開いた。

「参りましょうず。ともかく、あれの教えてくれた廃寺の場所を確かめぬと……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます