第7話

             二

「源二、あれは何でしょう?」

 不意に時姫が、何かを見つけたように声を高めた。立ち止まり、源二は姫の視線を追う。

 かつては水の流れた川床であったろうか、うねうねと蛇行した窪みが見える。その真ん中に、何かが──いや何者かが仰向けに倒れていた。

 言葉を発した次の瞬間、すでに時姫は、そちらへ足を向けていた。

 おやめなされ──という言葉を源二は呑みこんだ。こういう場面に時姫に「待て、暫し」と制止することは無駄であると知り抜いている。

 時姫は意外と身軽に川床の斜面を降りていく。後を追う源二は、何かあっては一大事と、足を急がせた。

 倒れていたのは人……のように見える何かであった。

 細い手足、顔のようなものがついているから、辛うじて人のように見える。が、その顔は、断じて人間ではない。

 嘴{くちばし}のように突き出た口。閉じた両目は大きく、顔の半分ほどを占めている。頭の天辺がやや窪み、その周りをぺたりとした黒髪が取り巻いていた。

「人……でしょうか?」

 尋ねる時姫に、源二は首を振った。

「人ではござらぬ。河童でござろう」

「河童?」

「左様、妖怪変化、魑魅魍魎の類でござる。おそらく、この日照りで頭の皿が乾いてしまったのでござろう。さ、このようなものに関わると、後生が悪うござる。先を急ぎますぞ!」

 が、姫は動かない。まじまじと倒れている河童を見つめている。時姫が覗き込んだために日影ができて、河童の顔を日差しから遮る格好になる。

 ぴくり、と河童の瞼が痙攣した。はっ、と時姫は口を開いた。

「生きておるようじゃ! 源二、どうすればよい?」

 源二は舌打ちをした。

「おやめなされ! そのような妖怪に情けを掛けるのは、却って仇となるに決まっておりもうす! 見捨てることじゃ。忘れもうしたのでござるか? 我らは追われているということを」

 時姫は源二を見て、凛然と言葉を押し出した。

わらわには、そのようなことはできませぬ。妖怪であろうが、人間であろうが、生きていることには変わりないはず! さ、教えてたもれ。この河童を救う手立てを」

 しかたない、と源二は河童の頭の皿を指さした。

「それ、その頭の天辺に皿がござりましょう? その皿が乾いたため、動けなくなったのでござる」

「水を掛ければ生き返るのじゃな?」

 言うなり、時姫はひざまずいた。すでに腰の水筒を手にしている。ちゃぽん、と水筒の中で水が動いた。

 はっ、と河童の目が見開かれた。水の音に反応したのか?

 時姫は水筒の栓を抜くと、河童の頭の皿に水を注ぎ入れた。

 ぱかり、と閉じていた河童の口が開かれた。

 次の瞬間、河童の手が動いて時姫の水筒を握りしめていた。時姫の手から水筒をもぎ取ると、大きく開けた口に中の水をだぼだぼと注ぎ入れる。

 ごく、ごくと河童の喉仏が動いた。

 飲み干すと、ふーっと溜息をつき、河童は時姫の顔を覗きこんだ。

 さっ、と時姫は立ち上がった。顔からは血の気が引いていた。その様子を見て取り、やはり止めておけばいいのに、と源二は胸のうちでつぶやいていた。

 見開いた河童の目は、あまりに異様であった。

 黒目ばかりで、白目の部分がほとんどない。人間離れした奇妙な瞳が、じっと時姫の顔を見つめている。

 時姫と河童の視線が絡みあう。魅入られたように時姫は見つめ返していた。

 思わず源二は前に出て、時姫の姿を隠すように立ちはだかった。

 ゆっくりと河童は身を起こした。探るような視線を今度は源二の顔に当てている。

「礼を申す……」

 ぼそりとつぶやく河童に、源二ははっと身構えた。右手は反射的に腰の太刀に伸びている。

「おぬし、喋れるのか」

 ふっ、と河童の口が歪み、笑いの形を作った。

「当たり前だ。おれを何だと思っている」

「河童であろう! 姫さまがおぬしを憐れと思し召しになって水をくだされたのじゃ。じゃによって、決して仇をなすではないぞ」

「姫? その娘、姫と呼ばれる身分なのか!」

 指摘に源二は口をつぐんだ。たちまち顔が火照るのを感じていた。

 しまった! なんという失態!

 流れるような動作で河童は立ち上がった。立ち上がると、存外と背は高い。源二とほぼ同じくらいはある。

 源二の背中越しに、時姫がこわごわ半分、興味半分といった様子で覗き込んでいる。

 そんな時姫をちらりと見て、河童は口を開いた。

「お前ら、追われていると言っていたな」

 源二はうめき声を上げた。

「おぬし、聞いておったのか? 油断のならぬ奴!」

「身体は動かないが、耳はちゃんと聞こえていたよ。礼の替わりに、あんたらに良い隠れ家を教えてやる」

 ふっと顔をそらし、山脈を見上げた。つられて源二も視線を動かす。

「あの山懐を見ろ。ここはこんな日照りに見舞われているが、あそこにはまだ緑がある。この辺りの百姓たちで、気の利いた連中はみな森に逃げ込んでしまっている。無理もない。こんな日照りでは、年貢を払えるわけもないからな。あんたらも、あそこを目指すが良いだろう。そのなりで百姓と称するのは、少し無理があるがな」

 じろじろと河童は無遠慮な視線を二人に当てていた。むっとなって源二は言い返した。

「なぜ百姓であると言うのが無理じゃと申す?」

「着物が新しすぎる。そんな、継ぎの一つもない、立派な着物を身に着けた百姓が、おるわけないだろう?」

 河童の目が細くなった。笑ったのか。源二には河童の表情がよく読めない。

 源二は渋面になったが、言い返せない。河童の言葉は、まさにその通りだったからだ。

 ひょろり、と河童は歩き出したが、何かを思い出したかのように振り返る。

「おれは、三郎太。河童淵の三郎太だ」

 ぽつりと投げかけるように言うと、こちらの対応を待っている。

 時姫が、口を開いた。

「妾は信太しのだ従三位の娘、時子と申します。また、これは従者の源二。以後、お見知りおきを願い申し上げまする」

 丁寧に頭を下げる。

 源二は時姫に囁いた。

「姫さま、このような奴輩に名を告げるなど……」

「向こうが名乗っているのです。こちらも名乗らないのは失礼でしょう?」

 時姫は澄まして答える。

「それじゃ」と河童の三郎太は片手を挙げた。

「山中に入れば、あの杉林あたり──」

 指さした。

「に、今は無住の廃寺があるだろう。荒れてはいるが、雨風はしのげよう。まあ、この日照りだ。当分、雨はなさそうだが」

 ぶっきらぼうに言い捨てるなり、いきなり走り出した。

 とととと……と、川床の斜面を駆け上り、あっと言う間に向こう側に姿を消した。

 出し抜けのことに、二人は暫し、呆気に取られていた。

「なんとまあ……」

 源二は今頃になって顔に汗が噴き出してくるのを感じていた。懐から手ぬぐいを出して拭うと首を振った。

「やはり物の怪は物の怪。人のようでいて、その心根は違ったようでござるな」

「悪い妖怪では、なさそうです」

 姫の答に源二は、ぎょっとなった。

 見ると時姫は河童の三郎太が去った方向を、面白そうな表情になって見つめている。そんな無邪気な時姫に呆れ、源二はことさらに厳しい表情を作って声を掛けた。

「姫さま。拙者、さきにも申し上げたように、きゃつらは妖怪、魑魅魍魎の類でござりますぞ。親しみを覚えて情けを掛けなさると、思わぬ失態をいたしましょう。以後、お気をつけあそばすよう忠告申し上げまする」

 時姫は唇を尖らせた。不服そうである。が、それでも源二の忠告に答える。

「判りました。充分、注意いたしましょう」

 歩き出した。

 源二が立ち止まっているのに気付き、振り返った。

「何をしているのです? あの三郎太と申す者が教えてくれた廃寺に急ぎましょう」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます