曇り空の七夕


「はい、ペン忘れてる」

なんて言って腕を伸ばして

むなポケットに吸い込まれたペンが

えが物語っていた


「きょう七夕だね」「関係ないよ」

曇り空に呪った賽を

言葉に混ぜる皮肉と反抗

内側からは満ちるの拍動


魅了と魔性。以下無限ループ

気分・憂うつ、捨てずに綴る

「利用」疑い、望む「必要」

自分に合わせ大衆ひとを切り取る


俺は願った他人の不幸

忘れるために捧げる供養

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料