ごめんなさい

手に入れるための愛の証明

内からあふれるあの日の衝撃

頁を捲り、一日の終わり

いつしか日々は惰性に染まり


人にまつわる鎖や強制

祭りあげるのはくたびれた虚勢

新しく積み上げる人間関係

何が好きかくらい知っていたいね 


営利打算で相手に寄り添う

そんな功利の世界から降りよう

求められる臨機応変

応えきれずに見える遅れ


忘れてしまった貢献の二文字

今になっちゃ届かない祈り

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!