ショー・マスト・ゴー・オン――PART2

 ――北海道の一部と千葉は滅びたが、芝居の幕は上がり続けている。


 舞台は早くも中盤に差しかかったころだった。私は、いつも通り最高の演技をする役者たちを、舞台袖から見つめていた。丸三ヶ月もの稽古の結晶。それが今この瞬間、目の前にある。この芝居は「劇団櫂船かいぶね」の皆が、命をかけて打つ公演。


 皆、たとえ親の死に目に会えなくても、舞台に立つという覚悟でこの場所にいるのだ。そしてそんな彼らに、舞台監督である私にできることはただ一つ。それは、この芝居の幕を最後まで上げ続けることだ――。


舞台監督ブカンさん、何かヤバいです……!」


 一旦、外に戻ったはずの受付スタッフが戻ってきたのは、その直後だった。どうした、声を殺して問い返すと、


「さっき北海道と千葉に落ちた隕石ですけど、あれはただの隕石じゃなかったらしいです!」


「なに?!」


「隕石には未知のウイルスがくっついたみたいなんです! それで、そのウイルスに感染した人間がどんどんゾンビ化して、町の人間を襲い始めたって!」


 ドン、ドン――そのとき、私の耳に低い音が聞こえた。


「まさか――」


「そのまさかなんです! もう既にゾンビたちはこの劇場まで迫っていて……!」


 私は最後まで聞かずに舞台裏のドアに駆け寄ると、両手でそれを押さえた。ドアの隙間から、人間のものではない腐った目が垣間見える。ひどい臭いが鼻をつく。


 しかし、私は全身の力を込めて、そのドアを押さえ続けた。


 The show must go on――たとえ外で何が起こっていたとしても、芝居の幕は決して下ろしてはならないのだ――――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料