ランドスケープ

「死」を望んでいた私が「命」を論ずるなんて、おこがましかったりもするが、「死」を望んでいたからこそ、見えたものもある様に思うので、そんな事を綴りたい。


私は自殺サイトで活動をする様になって、「命」について考えさせられる機会も増えた。


勿論、「死」を望んでいた私は、それ以前からも「命」について考える機会は少なく無かったが、それは私の「命」に限定されたものだった様に思う。


それが自殺サイトで他の方の話を色々と聞く事で、私という特定の「命」ではなく、より普遍的な意味での「命」について、考えさせられる様になったのである。


人は何故、「死」を望んだりするのか。


そして時には自ら「死」を選択する事もある。


また、人は何故、「生」を受けるのか。


そして殆どの人は、その「生」を当たり前の様に思っているだろう。


しかし、その「生」に疑問が生じてきてしまう事もある。


私も以前は、そうだった。


元々は自らの「生」に何の疑問も抱く事は無かった。


今、思えば、それもまた不思議に思ったりはする。


もっと早く、「死」を望む様になっていても、おかしくはない人生だったと思う。


それでも、それまでは自らの「生」に疑問を感じる事は無かった。


それが、ある日、突然、自らの「生」に疑問を抱く様になってしまう。


本当に不思議だよね。


ただ、私の場合はある意味、それが当然だったのかもしれない。


私は幼い頃から漠然と、長生きはしたくないと思っていた。


だから元々、「死」へと向かう素質はあったのかもしれない。


それがある日、突然、表面化しただけ。


ただ、そのタイミングだけは、未だに不思議ではある。


いずれにしろ、私に限らず、「死」を望んでしまう人はいるのだ。


そして周囲は、それを否定する。


勿論、それは仕方がない面もあるだろう。


しかし、ちょっと偏り過ぎている様に私は思ったりする。


確かに「命」は尊い。


だから「生」も尊くはなる。


しかし「生」だけが尊い訳ではないだろう。


「死」も「生」と同等に尊いのではなかろうか。


そして、その「死」の尊さは「命」に置き換えた時、「命」の儚さとなる様に思う。


「命」は決して尊いだけではなく、儚くもあるのではないか。


儚いからこそ、尊くて、尊いからこそ、儚くもある。


そして、その儚さに対する理解が足りない様に思うのです。


それも、これも、尊さだけが強調され続けてきたから、ではなかろうか。


それが時に、人を憎しみに向かわせる。


そして、その憎しみにより、結果として、「命」が蔑ろにされたりもするのだ。


要するに「命」は尊ぶだけでは「命」を活かす事にはならない。


尊さと儚さの微妙なバランスの中で「命」は輝く。


私はそんな風に思う。


だから私は声をあげ続ける。


一義的な「生」だけでは「死」を招く事にもなりかねない。


『逆もまた真なり』


「死」を尊ぶ事で「生」に繋がる事もある。


それが「命」の尊さではなかろうか。


それが「命」の儚さでもあるのだろう。


「生」も「死」も、尊さも儚さも、どちらかだけのものではない。


『表裏一体』


どちらをもバランス良く、理解を積み重ねていく事で、より「命」を活かす事にも繋がるのではなかろうか。


そして、より多くの「命」に輝いて貰える。


そんな世界を目指していきたい。


と。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!