真夏のレイ ~官能の季節~

作者 芳賀 概夢

36

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

芳賀先生、恐れ入ります、まだプロローグしか読んでいません。(ネタバレあり/もしまずかったら消して下さい。)

〜引用〜

そのわりに彼女が活躍しはじめると、一気にみんながチヤホヤする。
 街角では、彼女が訪れたことを知らせるポスターでわきかえった。
 そうなれば、彼女の名を見ない日はないぐらいだ。

ーーー

この段階で、野次馬は、

(”かき氷”に違いない!その手には乗らないぜ!)と、思いました。




アンサー  => @@し中@。。。。


※注)もろネタバレなんで伏字にしました。(6月20日、芳賀先生のご指導で、伏字部分を変更いたしました。)


冒頭部分の三文が、”もっと紛らわしければ、いいのに!”

ーーーーーー

……実況、しないほうがいいですよね?


ーーー追記

もっと紛らわしい、と書いたので、どんな風に?と、セルフツッコミ。自分なりに考えてみますた。。。


彼女は、”季節限定・スター”と呼べるタイプか?
(海でTUBE。ゲレンデで広瀬香美みたいに。←古ッw)
彼女を目にするのは、必ず夏。
特に暑い夏の盛り、たとえ路地裏の小さな店の壁でも、彼女を見ない日はないぐらいの庶民派だった。


ーーー
こ生意気ですいませんw

この先は、作品を読んだ人だけ、読んで下さい。(盛大にネタバレ)

〜〜〜〜〜
第2話

芳賀先生、俺、冷@@@華さん、嫌いかもです。(爆)
女の好みが先生と違うみたいです。

一緒にナンパに繰り出せば、いいかもしれません。
(好みがバッティングしないから。)

続く〜〜〜〜



第3話

芳賀先生、3話も敷居が高いです。うちのじーさんが遺言で、
「コンビニで買い食いするべからず」と。
せめて台所を使っていいですか?




続く〜〜〜〜



第4話


ああ、じーさんの遺言に、逆らいたくなってきた。
コングラチュレーション!コン… 続きを読む