友達のカレシ

作者 佐都 一

85

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

今時のイケナイJK。
若気のいたりで済みゃいいけど、このまま大人へ向かってぐんぐんエスカレーター乗ってっちゃったら恐ろしい!
性行為に普通やないもの求めるのは認めるけど、実験しちゃアカン~(笑)
突っ込みどころがこれ程まであったコメディー初めて出会いました。

彼女は決してやりまんではない。
花*花なだけ……

★★★ Excellent!!!

作者は何を思ってこの短編を書いたのだろう。
いや、見る人に笑ってもらおうと書いのは分かっているのだが、そう言う事ではなくて。
もっとストレートに言うと、この作者は一体何を考えているんだ。という事が言いたいのだ。

本来悲劇というか、惨劇ともいうべき物語を、ここまで笑いに富んだ物語に仕立ててしまうとは。
作者は本物の天才である。それはもう腹立たしい程に。

だから皆にも警告しておこう。
この小説を人前で読んでは、絶対にいけない。

★★★ Excellent!!!

そう思ってる人は安心して下さい。
読んでも疲れない恋愛物がここにあります。

重いテーマかと思えば軽快過ぎる語り口調。
脳に何の負荷もかけることなく読み進められます。

読んだ後に何だかよくわからない爽快感があるので
一回読んだら多分もう一度読みたくなります。
これなんなんでしょう。恋でしょうか。

とりあえずまだ読んで無い人や読むの迷ってる人は
読んでみたらいいんじゃないでしょうか。

でもこれホントどこかから怒られますよ!