第321話 吾輩は4人に1人の地位を獲得する

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「……いつの間にか40万まで来たな」

「本当ですね……一年足らない状態でよくアホなことをこれだけ書ける。尊敬に値しますよ、旦那」

「……たまにトゲを刺してくるよね。チクチクと」

「いえ、素直な感想です」

「そういうところだよ……そういうのが刺さるのよ」



吾輩は考える。

バンパイア2もはや40万文字。1と合わせて60万文字弱。

ふと思う。これだけエッセイ書いてる同類はいるのだろうか??


さて、絞り込み検索。ハイ、いました。3名。

吾輩を含め4名。ひとりはビートルズで100万文字。ちょっとすごいな……。


そんなこんなでバンパイアです。



吾輩は考える。

SNSでおもしろいコンテストが流行っていたらしい。


信用できない言葉コンテスト。

どこでもコンテストやってんな……日本……。

信用できない言葉か……難しいな。なんだろうな……あるかな。


大賞は…平服で構いません。2位はアットホームな職場。3位はここからでも切れます。


ちょっと、弱い気もします。さらに調べてみました。色んなところでランキングがあるんですね。


1位「一生のお願い」

2位「絶対怒らないから行ってみなさい」


こっちの方が強い……。特に2位の母親が言ったときの確率は99パーセントに近い。1位はいうまでもなく、嘘でござる。言っていいのは……


「一生のお願いだ。俺の傍に一生居てくれ」


これかな(。-`ω-)

まさに一生のお願い。



吾輩は考える。

口が悪い人の方が嘘つかないとかなんとか。


どうなのだろう?口が悪い方が歯に衣を着せないので、率直な意見である。本当か?悪口と口が悪いっていうのは違うのかもしれない。


まぁ、素直な人は嘘をつかないってことだろう。多分何か間違えてる。口が悪いとの関係を。



吾輩は考える。

コンテストも代わり映えが少なくなってきた。


もう、ほぼ決まりまで来てしまったのだろうか?上位作品の塊があまり動かず、評価が日々入ってるってことだろう。まぁ、1回に比べると星の数は……少なくも見えるが、圧倒的一位ってのは消えたのかもしれない。


さてさて、これからどう選考されるのだろう?

何作品ぐらいか……。ここは運営さんのみぞ知る。



吾輩は考える。

ブロックチェーン技術者というのがこれからはやるようです。


IT技術ですね。なんか複数人で同時にコードをいじれるシステム?アプリ?の管理なのかわかりませんが、インフラ含めてかもしれません。

一元管理がしやすいってことみたいです。


なにやら、年収2千万後半は固いそうです。やったら頭は禿げそうです。

冗談です。



吾輩は考える。

最近のクイズ番組って結構難しい問題が多くなってきました。


なんだろう年かな?とか思いつつも、むずかしい。

ジャガイモを感じで書くと??知りません。

トマトは?赤茄子。

アスパラガス。絶対知りません。


餅を搗く。こんなものも知りません。


段々、一般の方のレベルが上がってきているのでしょうか?

これはヤバい。



吾輩は考える。

人類は賢くなる一方である。


新しい知識を習得しつづけ、膨大な量を頭に詰め込み続ける。これぞ進化。だが、どんドンドンスピードは速くなる一方で子供たちの知能も格段に上がっていく。


だが、賢いってのは同時に生きづらいのかもしれない。人を疑うことを覚えてしまうから。人の言動の裏ばかりみているとひねくれてしまうだろう。


感情論って授業は……道徳で学ぶのだろう。どんな授業だったっけ……。あまり覚えていない。道徳が抜け落ちている??



吾輩は眠りにつく。


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます