第284話 吾輩……一気に老ける……。

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「ふぃい………やりきったよ……」

「旦那……老けましたね」

「ふぁい?」

「いや、そんなに老人っぽくされても……」

「……あとは若い衆にまかせるのみじゃよ……ほぉほっほっ」

「……」(まぁ、元から痴呆みたいなもんだからな……)



吾輩はやりきる………。

あれだけ、書けば……きっと、多少なりとも思いは伝わるだろう。

きっと、伝わる。信じよう。


少なくとも60人は完読している。60人にメッセージが届いたということだ。


そして、コンテストに出ている読者諸君。すまん。敵を増やしてしまうかもしれない。


吾輩……出てないので……申し訳ない。

いつも通り、勢いで動き、手癖が悪いので書いてしまう。


ちょっと、マルチ商法っぽい感じもあるけども………誇張も含まれるけども……考え方次第だ。読まれないと嘆くことはよーくわかる。だが、それは9割そうだ。安心してください。9割も読まれない同じ人たちがいる。


1割しか読まれない。それは現状だ。


ただ、おもしろい作品が増えるということは読者が増える可能性がある。

それだけでも、読まれる確率は格段に上がる。


読まれることが増えると――爆死のリスクも減る。


なぜなら、読んで評価をしてくれるのだから。間違いなく減る。

どうか、カクヨムが反映しますように。


ネットでは好き放題書かれやすい。わかってる。

だが、希望を持てなければ、人は生きていけん。


どうか、このサイトが希望と野望に満ち溢れますように。悪い奴はいなくなれー。


by アインツ



吾輩は考える。

まさかの……ランキング一位。まぁ、エッセイコンではないので、いいだろう。

お邪魔しまっす。たくさんの人に読んで、熱意を持ってほしい。


それが吾輩のささやかな願いだ――。



吾輩は考える。

あー、恥ずかしっす。恥ずかしいーー(/ω\)(〃ノωノ)


なに、あの人?熱くない?

松岡修造のファンか何か?

頭のねじ一本飛んでるな……。

にせ編集長!!


きゃー!!見えない声が聞こえるよ!!


まぁ、心のままに動く人。それは動物と呼ばれる。


「……人間やめちまいしたね……」

「いや……元からあまり、人間扱いされてない………だって、バンパイアだもの」



吾輩は考える。

なにやら、アメリカ7冠という作品が生まれたそうで。


映画って、たまにミュージカルが強い。時折、賞をかっさらっていくイメージ。

インドとかでてこんのかな………。ミュージカルだと強そうなのに。



吾輩は考える。

ついに冬アニメも始まりました。


意外とおもしろそうなものが多い。そして、再放送も多い。


四畳半神話大系2。結構好きです。吾輩。森見作品でごじゃいます。

えぇ、なんというジャンルなのか?SFチックな要素もあるが、大学生恋愛もの。ということかもしれない。友情もテーマのひとつであるけど。


安心して見れるアニメでござんす。ひねくれた発想がいいですよね。



吾輩は考える。

カクヨムの第一回作品の宣伝を激化していく……。


ついでに第二回コンテストも告知してほしいものだ。してるかもしれないが。電車の画面に映してくれるらしい。これは売れるだろう。販促活動が結構すごい気がする。どうか、人気よ、出てこい。


人気(ひとけ)。にんきとも読む。



吾輩は考える。

SFなんだが……ロボ物が結構多い。


ロボ人気なのかもしれない。結構、年齢は高めそうな気もする。ロボ好きって。

偏見か?


ただ、ロボ物はシリーズ作りやすい。

機体におもきを置いた場合。違う、主人公でロボ乗れば、なんでもストーリござれ。

詳しくはガンだむをご覧ください。


一旦火が付くとやばいロボ物。

夢はスーパーロボット大戦シリーズ参戦だろう。


胸が躍るぜ………。



吾輩は眠りにつく。


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます