第56話 吾輩はカクヨムつぶやきコーナーを忘れかけていた

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「むむ・・・これは」

「最近見てなかったですね。そこ」

「・・・スクロールするのが疲れてマンボー」


吾輩はカクヨムつぶやきコーナーをご無沙汰してた。

そういえば、ユーザーミーティング第2回があるのですね。

申込期限は・・・月曜迄か。

本気の方たちにはぜひ行ってほしいけど・・・。

やはり、都内メインなんですね・・・。

地方の方もいらっしゃるので・・・いつか地方開催もしてあげて欲しいなと思います。

さすがに気軽に東京へ来るっていうのは・・・きついでしょうから。

しかも、夏のシーズンだと・・・旅費が高くなりそうです。

最近、ビジネスホテルも高騰しているみたいですし・・・。

要望でも送ってあげようかな・・・。そもそも、この前のアンケート・・・どこか聞いてたな。もしかしたら・・・そういうことかも。待てば海路の日和ありってことかもしません。


「旦那、やりますね」

「まかせろ。迷探偵だからな。迷推理はお手の物よ」

「それを世間では何というか、ご存知ですか?」

「なに?」

「憶測というんですよ(ニヤ)」

「ムキ―――――!!」


吾輩は考える。

憶測は加速していく。900作が応募・・・。うむ。

絶対1作は名作が含まれてるだろう。売れる奴が。あとは見つけ方次第でございますな。

ただ、気になるものも・・・。明らかにまた字数が足りないのが・・・ちらほら・・・完結している。

何目的なのでしょう・・・?コンテストの方が人が多いから・・・それでって、ことかもしれません。よくないと思う。吾輩・・・。

実際はその3分の2ぐらいかもしれませんね。対象作品は。


吾輩は考える。

はてなディレクターに聞けという記事について。

・・・うん?ブログじゃなかったっけ?どういうことだ?

中を読んでいくと、Webという括りで一緒だと思われます。そういえば、見つけたよブロガーというのものがあったな・・・。誰とは言わない。

ブログで人気があれば・・・小説でも人気者に!?ということではないけど、

戦略性は一緒ということみたいですね。

人気ブロガーに取り上げてもらうか・・・。


「よし!!突撃隣の晩御飯!!お邪魔します!!」

「旦那―――――!!意味が違うーーーーーーーー!!」


吾輩は考える。

頂いたレビューを見返しているとほっこりする。

そう、特に毎度盛り上がるわけでもない。ただ、つらつらと書いてるという表現。

けど、ないと寂しいって・・・。くそ、うれしくて、うれしくて、失禁しちゃうよーーーーーーーーーーー!!


「まぁ・・・いい大人がはしたない」

「セバスチャン・・・ジョークだよ。ジョーク。」


けど、プレミア感ってなんだ?そういえば・・・夏編のストーリが残っていた。

忘れて・・・ないよ。・・・忘れて・・・なんて・・・やらないんだからね!!


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます