第57話 吾輩は読み直しを強化する

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「・・・目がシパシパするな・・・どうも」

「大変ですね。あっ・・・そこ誤字ですよ」

「ほんまや・・・ここも」


吾輩はデットエンドを読み直し、修正をかけているが・・・。

どうにも、こうにも、この書き方でいいのかすら迷走する。

まぁ、とりあえず終わらせるのを優先するのは間違いないのだが。

納期が一番重要。それ以外は二の次である。

コンテスト終わってるのに完結しないのでは意味がない。

期間中修正をかけるのはいいだろう。間違いなく。

とりあえず、終わらせることが重要である。


それにしても・・・誤字が多い・・・。う~む。

ひたすら、読み直すか・・・。それしか手立てはない。


吾輩はどうでもいいことを考える。

デッドエンド・・・デットエンド・・・。う~む。

どっちがいいか?自分で発音する分には抜けるような感じだから・・・トが近いと思うんだよな。吾輩・

ドっていうと・・・ちょっと語気が強いような気がするし・・・。ちょうど中間ぐらいな気もするし・・・。どっちがいいのだろう?

う~む。う~む。う~む。

雰囲気的にはトだよな。きっと、トでいいと思う!!

そしたら、被らないし。そっちがいい!!


吾輩は考える。

どうやら・・・漫コン用にサイトができたみたいです。

とても使いやすくていいです。作ってくれた方に感謝で。

ランダムより探しやすいかも・・・。

そもそも・・・アプリはダメだけど・・・サイトはOKですもんね。

横浜の人も作ってたし・・・。きっとOKだろう。

意外と使いやすくて重宝しそうです。

まさか・・・統計さんか?藤浪兄貴のサイト?違うかも・・・。憶測です。

作ってくれた人に感謝感激雨あられです。


吾輩は考える。

そろそろ・・・タイトル変えるか・・・。

何にしようかな。状況にあったものを一応選んでいるつもりだけど・・・。

どうなのだろう?難しい・・・。

まぁ、直観タイプなので。おそらく、強化系タイプなので。

すぐやります!!


吾輩は考える。

受賞した人たちも参加されるのか・・・お強そうだ・・・。

ただ、ふと疑問にも思う。あれ?書籍化作業とか・・・ないのかな・・・。

結構余裕あるのか?

まぁ、空いた時間にも書きたくなる物好きなのかもしれません。

尊敬します。


吾輩は考える。

PVはここ最近増えている。それは感じるが。

どうなのだろう。実際増えているのか・・・もとからいる人たちが活発になったのか・・・。

どっちでしょう?

う~む。難しいところです。


「今日、う~むしか書いてませんよ・・・」

「・・・う~む」


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます