第13話 吾輩は決意を達成する2

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「エイドリアンーーーー!!」

「終わったみたいですね」

「蜂の様に書き、蝶の様に眠る」


吾輩は決意を達成した。

小さなことからコツコツと。

見事デットエンド1章は書き終わりました!!

目標を達成すると気持ちいいものです。そして、1章だけれど最終回はやはり気持ちがいい。

まぁ、本当にやるとしたら3章構成なので・・・一つ目のピークというべきなのか・・・。

2章と3章は・・・最終回的なものを考えていますが、中身はまだゼロです。

書くかどうかは・・・わかりません!!

とりあえず、書こうと思ったら書こうと思います。


吾輩は色んな書き方をした。

この作品を書いて・・・いいのか悪いのかわかりませんが。

一人称がコロコロ変わるものと、3人称も少し練習になりました。

特に最終回あたりは、いろんな書き方をしました。

いいことなのかは、わかりませんが表現の自由というものかもしれません。

基礎がないのに自由というのもいけないかもしれませんが・・・。


吾輩は考える。

更新をどうやって行こうかな・・・?

マンガ原作コンに出そうかなと・・・ちょっと思う。

あとは、キャラデザとか少し考えますか。音楽は考えついてるので。

まぁ、丁寧さは・・・いずれ追加しよう。



吾輩は考える。

作品がブームになるのってファンの存在が大きいのかもしれないと・・・・。

最近、やはり好きな人たちがネットで書き込み、こうじゃない。あぁじゃないとか言ってるのを見てるとおもしろそうだな・・・って思ってみてしまう。

そうやって、作品がドンドン押し上げられていくものもある気がする。

まぁ、元がいいってものあるだろうけど・・・。

ブームは作者一人では作れないものかもしれない。


吾輩は考える。

文章での伏線を作るのがうまくなりたいな~と。

何か小道具系を使ってもいいけど・・・今はセリフに頼ることが多い。

地の文に組み込むにはどうしたらいいか・・・。ちょっと技法を検索、研究した方がいいかもしれない。


吾輩は考える。

もうすぐ、夏です。というか、もう夏かもしれません。

感覚的には7月から夏だな~。なんて、思ったりもします。暦は違うと思いますが・・・。

夏と言えば、ひまわりとか。

そういう季語的なものを花で表すのもいいのかもしれません。

とりあえず、アサガオを使ってみましたが。色々花というのも季節感を出すのに使えるのかもしれません。知名度が高いのがいいですけど・・・


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます