第11話 吾輩はそうでありたいと願う

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「ふぅ~。どうして、こうなるのだろう?」

「・・・良くあることですけどね」

「火をたきつけるやつがいるのか・・・」


吾輩は考える。

愚者の最近の報道について。

過熱している。というかしすぎている。

これには、いろんな思惑が飛び交っている。衆議院だか、参議院だか近々選挙するらしい。ここに野党の思惑がちらほら見える。与党を叩くいい機会だ。やっちまえ。

ちょっと、引いてみるとそうも見えてくる。憶測だが・・・。

ただ、それ以上に考えなきゃいけない問題もある・・・。オリンピックである。

どうも、次回やる都市の人はでなきゃいけないらしい。

これは国際問題だ・・・。都市の問題とはケタが違う。他国も関わっているので、日本としての評価になる。これを念頭において考えなければいけないのでは・・・?

辞めさせる前に、後始末のことも考えているのだろうか・・・。心配だ。

野党だろうが、与党だろうが構わないが、国のことを第一に考えて欲しいと思う。

どうも、都民様もそこらへんを意識してないような・・・。

受け答えは自爆が多いが・・・。

国際問題がなければ、好き放題やってほしい・・・。というか、百条委員会というのを使えば、本人も潔白と証明しやすいのだろうから、ぜひみんなで勧めるべきである。


吾輩は考える。

火種が噴き出す・・・炎上とも呼ばれる。

だが、中をのぞくと吾輩みたく、憶測でものを運んでいくこともある。

誰かに不満を叩きつけたくてたまらないのだろう。あいつは悪だ。どいつが悪だ?

やってる人は悪ふざけの部分がある。だから、お前も悪だ。

物事を引いてみることも時には必要だろう・・・。天邪鬼だから、人が過熱すると逆に一歩引いてしまう時がある。みんな、さがると前に出たくなる。

なんて、危ない奴なのでしょう。

ねじがないから。ただ、暴力は振るいません。


吾輩は考える。

ハンカーハンカーが!?

すごいことに・・・・・・色んな伏線が張り巡らされたみたいです。

騙されたな・・・というのは予想があっていましたが・・・。違う意味で騙されました。

というか・・・死んで復活とか・・・。なんでもありになっちゃう気がします・・・。

まぁ、元から設定ありましたけど・・・。

楽しいのでいいのですが・・・。もう、インフレ設定気味なのは・・・気になります。主人公出番無し・・・。当分でてこないでしょう。


吾輩は考える。

人として、素直でありたい。

そうでありたいと願う。


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます