せ~ぞんかくにン。

 いつものバス停にて――


「肉めし専門店でカレ~の中に浮かぶ肉塊――合盛りカレ~かぁ~……」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、丼のフチを肉で盛り付けたっぷりのカレ~の中に浮かぶ肉塊の画像を見ながら、


「すっごいわね。コレ。トロ煮込み肉としゃぶしゃぶ肉かぁ~……いいじゃないっ! じゅるり……」

 月夜が肉とカレ~の夢に浸っている隣では、


「ふ~みゅ……サポ~トがおわちゃったXPにイレ~のついかパッチかぁ~……まだまだ、せかいてきにはXPつよいモンね~」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スを見ていた。


「おっ! インテルのサイシンCPUハッピョ~かっ!? もうずっとコアi7でとまってんだモンなぁ~……CPUのカンソ~かんがえなくてたすかるけど……やっぱしセイノ~があがっていかないと、おもしろくないモンっ!!」

 握り拳でそんな事をいうイブキ。


「おぉ! ネスコのネッシ~がひざびさにモクゲキ!?」

 正確にはネッシ~っぽいモノを撮影といった記事を見ながら、


「さいきんモクゲキ(?)じょ~ほ~もなから『ひとしれず、しんじゃったかも?』セツまででてたのに……セ~ゾンカクニン(?)きたな~」


「未確認生物なのに生存確認とか目撃報告とかもおかしな話しよね~」

 イブキの言葉を聞きながら、そんな事を洩らす月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます