せんたく。

いつものバス停にて――


「個人でできる危機管理用アプリ?」

月夜がテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事に興味を惹かれた。


「アプリをダウンロ〜ド後に自分の名前や予め登録されたキ〜ワ〜ドでさまざまなSNSを検索し、誹謗中傷を発見できる? さらにアプリ内で削除要請などの機能もあるかぁ〜」


「人工知能を搭載して『氏ね』や「肝い』などのネットスラングも拾う事できる。なんかこう聞くとすごい気がする!」

月夜がそんな事で感心している隣では、


「う〜ん……どっちのほ〜がイイかな〜?」

イブキが何かを決めあぐねていた。


「ん? どしたの??」

気になった月夜がそう尋ねてくる。


「んとね〜。も〜すぐシンサクのゲ〜ムラッシュがきそ〜だから、ちょっとオカネをね」


「ふ〜ん……」


「ニンテンド〜がバグのハッケンしたヒトにオカネくれるってのと――」


「へぇ〜……アンタらしい」


「センシャかって2オクのキンカイをハッケンするのとどっちがい〜かな?」

そう言いながらイブキは外国のニュ〜スで400万円の戦車買ったら、中のコンテナに数億円の金がでてきたってニュ〜スを見せる。


「普通にバイトするって考えはないの?」

イブキの突飛な金策にそう答える月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます