ズレ。

 いつものバス停にて――


「おぉ! このシンサクのポテチはなかなかよさそう〜」

イブキがゲ〜ム情報を見ながら、そんな事を洩らす。


「イブキも見てんだ、この記事」

隣で同じ様にグルメ系ニュ〜スを見ていた月夜が反応する。


「いままでありそ〜だったけど、なかったよね〜」



「? そう? わりとありがちな味だと思うケド……?」

イブキの言葉に首を傾げながら返す月夜。


「でも、ナツといったらこれかもね〜」


「? そう? 確かに夜の浜辺とかで見るケド……」


「よるのはまべでみるのっ⁉︎」

月夜の言葉に信じられないといった様子で、


「ちょっと待って! 新作のポテチの話しだよね?」


「うん。シンサクの――」


「バ〜べ「ひやチュ〜」」


「「えっ!」」

思わず互いに顔を見合わせる。


「なに……? ポテチの冷やし中華って……」


「ゲ〜センのケ〜ヒンででるの」


「う〜……」


「月夜もたべたくなってきた?」


「本物の冷やチュ〜食べたくなってきた」

そういってスマホ画面に映ったパッケージを見つめる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます