アイテムちょいす。

 いつものバス停にて――


「う~みゅ……」

イブキがスマホでなにかを読みながら、いつになる真剣な表情をしている。


「ね~ね~月夜」

 そのまま、隣で『全裸レストラン世界に広がる! ドイツでは全裸の客は全メミュ~食べほ~だい!!』といった記事を読みながら、食べほ~だい……でも裸かぁ~……いやいやでも、食べほ~だい……でも、さすがに裸は……と延々悩んでいた月夜に声をかける。


「むかしさぁ~ムジント~に1こっだけもっていくならなにがいい? とかってシツモンはやんなかった?」


「あ~……そういえば、そんな事、言ってた時期もあったわね~」


「さいきんじゃ、シュ~ショクのメンセツのときにもきかれるらし~よ」


「へぇ~……そうなんだ。ウチは釣り竿とか、あると食べ物を得るのが楽になる物かな~」

 月夜が考えながらそんな事を言う。


「イブキさんはね~――」


「アンタはど~せゲ~ム機とかそんなんでしょ?」

 言わなくてもわかるわといった様子でそう決めつける月夜に、


「ちがうよ~」


「へぇ~……じゃ、なんなの?」

 少し興味をもった月夜に、


「T〇KIOかな? これがあればタイテ~のコトはなんとかなるよねっ!」


「それってアリなの?」

 呆れ顔でそう疑問を口にしてしまう月夜だた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます