ほら~

 いつものバス停にて――


「ついに……ついに……きた……」

 イブキがスマホ片手にそう呟くと『さ~』っと一陣の風が通り過ぎる。


「ムジンのセント~ヨ~AIがレキセンのク~グンパイロットにアッショ~……ついに……ついにキカイはジンルイをこえた……イブキさんはこのひのコトをわすれない……」


「――忘れないはいいケド、その前に今日は何月何日?」

 隣で『おそ〇さん』舞台化、同じ顔の俳優を6人集められるのかっ!? といった記事を読んでいた月夜がそう言ってくる。


「えっ! う、う~ん……ろ、ろくがつの……」


「ブ~! 7月2日」


「だって! セント~においてジンルイはキカイにかてなくなちゃったんだよっ!」


「大丈夫、大丈夫。そ~ゆ~のはUSAの方々がなんとかするから――いま流行りのゾンビ物だって日本じゃ火葬だし、そこまで深刻になんないでしょ」


「いまはやりって……ゾンビものはケッコ~むかしからずっとニンキだよ」


「とにかくゾンビはダメ!」

 月夜が腕で『✖』を作りながら、


「あれ? ぶつりコ~ゲキがユ~コ~ならダイジョブっていってなかったっけ?」


「う~ん……さいきんワラワラでてくるやつも苦手かもって気が付いたの」

 そう言いつつも毛布にくるまってホラ~映画を見るのが趣味の月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます