ろぼ。

いつものバス停にて――


「えぇぇ⁉︎ ハンタ〜ハンタ〜が7月4日以降、不定期の休載……せっかくいいトコなのに……残念……」

月夜が好きな漫画の情報を見ながら残念そうに洩らす。


「う〜ん……こんかいのバ〜ジョンアップでイスズがいきかえったな〜ソナ〜つめばセンセ〜バクライ、ほかのフネもタイセンのアタイが100こえてソナ〜つんでればセンセ〜ばくらいかぁ〜……センスイセ〜キかりやすきなるかな?」

イブキがゲ〜ム情報を見ながら呟くというお馴染みの光景――


「ね〜月夜」


「ん〜?」

なにかを見つけたイブキが月夜に話しを振る。


「おぼんダマってしってる?」


「ん〜……」

月夜はしばらく考えこむと、


「なんかオトシダマのナツばんらし〜よ」


「へぇ〜……そんなのあるんだぁ~……」


「……月夜。いまチラっともらえないかな~ってかんがえたでしょ?」


「そ、そんな事ないわよ」

 そういって誤魔化す、金欠ぎみの月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます