ぞ〜ぜ〜

 いつものバス停にて――


「う〜ん……」

イブキがいつになく難しい表情をしながら、スマホ画面を見つめている。


「……」

月夜はまた父親とゲ〜ムも取り合いでもしたのかと、見当をつけてグルメ系ニュ〜スを見直すと、


「シュショ〜さみっとごにゾ〜ゼ〜えんきをハッピョ〜かぁ〜」

意味がわかってるのかいないのか、難しい表情のまま洩らす。


「……アンタ、意味わかってんの?」

月夜が物凄い胡散臭いモノを見る様な視線で、


「わかってるよ。ゾ〜ゼ〜……」


「ちなみになにが上がるのか知ってる?」


「もちりん」


「もちりん?」


「もちろん、ちゃんと、りかいしてるよ、うんうん――カシラモジだけとってネ」


「それだと『もちりう』に「こまかいコトはい〜のっ!」」

強引に誤魔化された後に、


「それで、なんの税金が上がんの?」


「……ね、ねんぐ……かな?」

月夜は一つため息をした後に、グルメ系ニュ〜スを見始めるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます