しつも~ん。

「さんんじゅっ~け~ん!」


「またこれぇ~? ホントにネタ切れなのね……」

 月夜が呆れ顔でそう洩らす。


「いやいや。それがねぇ~……」

 イブキは嬉しそうな表情で勿体つけながら――


「じゃーんっ!!」

 妙な効果音を出しながら、背に隠していたハガキをみせる。


「なに……? それ……?」

 月夜が不審な表情をする。


「もう2ネンもやってんだモンっ! よんでるヒトだってト~ゼンさまざまなギモンやシツモンがあるとおも~うんだよね!!」


「それがきてるの? ハガキで……?」

 月夜の疑わし気な視線はさらに度合いを強めて、


「まぁ……それはおいといて……月夜にシツモンきてるよ~」


「う、ウチにっ!?」


「うん……えっと……はじめてブラつけたのはいつですかぁ~? だって」


「えぇ! そ、そんな事言わないとダメ……なの?」


「いわないとダメっ!」

 イブキが人差し指を立てて言い放つ。


「う~ん……た、確か小学5年生のときだったかな~」


「じゃ、ムネをおっきくするためにしてるコトは?」


「なんにもしてない――って、なんで質問繋がってんの?」


「た、たまたまだよ。ええっと……つぎは――オッパイのサイズはいくつ?」

 一瞬の隙を突いてイブキのもってるハガキを掠めとる月夜。


「これ白紙なんだケド……」

 ユラリと月夜の身体からオ~ラの様な殺気が立ち上る!


「さ、さぁ――きょうはここまでで、さらば!」

 ぴゅ~とその場を立ち去るイブキ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます