はるやすみが……

 いつものバス停にて――


「はるやすみが……おわ……ちゃ……う……」

イブキが道に落ちていた桜の花びらを指先でもてあそびながら、悲しげに洩らす。


「新学期始まるからね〜」

と、他人事のように応じる月夜。


「おかしいとおもわないっ?」

突然、そんな事を言いながら詰め寄ってくるイブキに対して、


「た、確かに……」


「そ〜でしょ!」

月夜の答えに満足気な表情を浮かべる。


「アンタはど〜みても高校3年生に見えないモンね! ホント不思議〜」


「ちがうよっ‼︎」

イブキが両手を上げて叫ぶ!


「イブキさんたちもコトシはジュケンセ〜」

腕組みをしながら、


「ほう……」

いつもと違う様子に月夜も釣られて真剣な表情をする。


「でも、まだジュケンセ〜とゆ〜ジッカンがないんだよ」

そう呟きながら『うんうん』頷き。


「そこでジッカンできたヒトからト〜コ〜をするとゆ〜のはど〜かな?」


「そんなのダメに決まってんじゃない」


「だよね〜」

イブキが『わかってた』とゆう表情で言う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます