ながれ。

 いつものバス停にて――


「マックの閉店ポスタ〜が切ないと話題かぁ〜……確かにちっちゃい時から知ってる近所のファ〜ストフ〜ド店がなくなると切ないケド……」

そんな事を呟きながら、記事の続き――下へとスクロ〜ルさせていき。


「あ〜確かに……これはくるなぁ……」

マスコットキャラがこちらに背を向け、手を上げ『バイバイ』してるシ〜ンで大きく「See you」と書かれている。


「うっ……久しぶりに近所のマック行こうっと」


「ねね――NASAがすっごいロボつくったコトだし、月夜はジブンだけのマイロボもったらなにさせたい? イブキさんはね~――ジュクダイとかゲ~ムのタイセンあいてとかさせたいなぁ~。月夜はやっぱしゴハン? ゴハンつくられせちゃう? それともロボたべちゃう?」

と、イブキがノ~テンキな調子で話題をふってくる。


「あ~……」


「ん? どったの??」

 疲れたタメ息を吐いた月夜を不思議そうに見るイブキ。


「いや……台無しだな~って思ってさ」


 そういって再びタメ息を吐く月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます