にゅ~りょく。

 いつものバス停にて――


「ふ~ん……どんべぇをおいしくする一手間かぁ~……」

 月夜がいつも通りグルメ系ニュ~スを見ている。


「ふむふむ……カップにお湯をいれて、規定のとこまでいれたら耐熱容器に移し替えて電子レンジで3分チンするだけで生麺のような感覚になるかぁ~。麺が透明になりツルツルの喉越し、ス~プをふくんで食べたときにジュワっとでる感じかぁ~……じゅるり」

 目を細めながら、ヨダレを垂らして幸せそうな表情の月夜。


「ねね――」

 イブキがなにかを見つけたのか、嬉々とした感じで話しかけてくる。


「ん~?」

 月夜が締まりのない幸せ顔のまま返事をする。


「グ~グルに『パックマン』っていれたり、『zerg rush』っていれたりするとゲ~ムできんだって!!」


「ふ~ん」

 最後まで幸せそうな表情を崩さずにそう返しただけの月夜だった。


「え~! そんだけっ!!」

 月夜の反応に明らかに不満の色を浮かべるイブキ。


「う~……ごめん。今ちょっとどんべぇに夢中~」

 目にハ~トを浮かべてそう言う月夜にイブキは半ば諦めたような表情で、


「……なんかジャマしちゃったよ~だネ。いいよ、つづけて、つづけて」

 そう促すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます