ひよ〜

 いつものバス停にて――


「コンビニで最強の『フレンチト〜スト』かぁ〜……これは……確かに……じゅ……ま、まだ負けないモン!」

変な矜持で溢れでるヨダレを堪える月夜。


「うっ……! レビュ〜も高評価……上質なふんわり感に中はジュ〜シ〜……こ、これは食べないと……じゅるり」

画像とレビュ〜にヨダレを溢れ出す。


「80まんえんイジョ〜するコ〜すぺっくパソコンが10まんえんかぁ〜……ほし〜しハカクのやすだケド……10マンえんはだせないなぁ〜」

イブキがオークションサイトのおすすめ品を見ながらそんな呟きを洩らす。


「また、そんなインドアな事ばっかして、たまには外に出かけたら? 山とかど~よ? 山の幸もおいしくなる頃だし、山ガ~ルとかちょっと前にも流行ったでしょ」


「月夜……ヤマなんかいって、もしソ~ナンでもしたらタイヘンなんだよっ!」


「遭難って……そ~簡単に遭難なんって――」


「ヤマをナメるなっ!!」


「えぇ!? なんかゴメンなさい」


「もしソ~ナンなんかして、ソ~サクたいでもだしてもらってセ~カンしたとしよ~」


「あっ! 生還するの? なら、いいじゃない」


「よくないよ! ソ~サクたいのいちにちのジンケンヒとかセ~キュ~とかくんだよっ! ヘリなんていっかいとばすと50まんえんもセ~キュ~されんだよっ!! イヌもだしてソ~サクふるこ~すでだされると、いちにち100まんえんはセ~キュ~されんだからっ!!!」(警察、消防等の公的機関を除く)


「そんなにっ!?」

 さすがに一日100万円と聞いて驚く月夜。


「だから、キュ~ジツはいちにちじゅ~ゲ~ムで(ゾンビたおしながら)ヤマのぼったり、(サメかりながら)ウミにもぐったりするのがベストなんだよっ! インドアさいこ~」


「……結局、それが言いたかっただけじゃないの?」

 疑わし気にそう呟く月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます