えんかくそ~さ。

 いつものバス停にて――


「ふむふむ……6Sがせかいさいそくでハンバイされるオ~ストラリアでレツのよんばんめにいるのはロボット!?」

 イブキが本日販売される新型のスマホ情報を漁っていると、そんな記事に巡り合った。


「ロボ!ットが場所とりしてんのっ!?」

 月夜もイブキの言葉に驚きをみせる。


「うん。――ってゆってもセグウェイのさきにタブレットたんまつひっつけただけのやつだけどね――ほら」

 そういって画像を見せる。


「確かにロボットって感じじゃないわね……」

月夜がそういって画面を見据える。


「でも、これがハヤったららくになるよね〜」


「流行るかな〜?」


「さらにドロ〜ンとガッタイさせて、うえからあらわれたり」


「街中じゃ飛ばせないんじゃない」


「ラ〜メンやのギョ〜レツもぜんぶペッパーばっかりに……」


「その内、ロボットの並びを禁止にするラ〜メン屋でそう……」


「そして――ガッコウもロボはかわりにぃ!」


「そ〜なるかもしれないケド、ウチらの在学中には間に合わんわな」

イブキの夢に冷静に突っ込みをいれる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます