まだなやみちゅ~

 いつものバス停にて――


「オトコのヒトがすきなミズギはダントツでビキニ! やっぱしネ。わかってたモン! しってたからイブキさん」

 イブキが500人の男子に聞いた女性に着てほしい水着のタイプとかいう如何わしい記事を読みながら、ドヤ顔でそんな事を呟く。


「もきゅもきゅ――カレ~ナンおいし」

 それを今日、販売されたばかりの新商品パンを齧りつつ聞いてる月夜。


「5ばんめはマイクロビキニかぁ~……」

 覆う面積が極端に少ない水着でイブキが着るときっと残念な結果になりそうなアイテムである。


「4ばんめはサンカクビキニかぁ~……」

 三角ビキミは胸を△-△な感じで隠し、下も▽な形のパンツ。主に紐で結ぶ感じの水着でよくハプニングが起こりやすく、イブキが着るととても残念な結果になりそうなアイテムである。


「3ばんめは、したがショ~トパンツのビキニ? ふ~んこんなのがいいんだ~」

 ハ~フパンツ、短パンのような物を履いた水着、露出度は低め。


「2ばんめはチュ~ブトップタイプのビキニなんだ」

 チュ~ブトップは腋より下の部分で身体をグルっと包み込む感じのブラのタイプで肩がヒモがなく上からの衝撃でハンプニングが起こりやすい。イブキが着ると、とてもとても残念な結果になりそうなアイテムだ。


「1ばんめ、ヒモパン、ブラのビキニがトップなんだぁ~……」

 マイクロビキニと大差ない露出度の画像を見ながら呟く。イブキが着るとry


「ねぇ、月夜はどれがイブキさんにあうとおもう?」


「ん? う~ん……」

 月夜はカレ~ナン片手に考えると、


「どれも似合わないからビキニはやめたほ~がいいと思うよ」

 月夜の言葉にショックを受け、クラっと危なげな足取りでバス停にもたれかかるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます