たいふ~

 いつものバス停にて――


「……シェンム~3のケッテ~したし、おっ! ニホンとアメリカのロボたいけつはケッテ~したんだ! お~! いちねんごかぁ~……たのしみっ!!」

 イブキが最近気になったニュ~スの後追い情報を読みながら、


「ミスドで夏限定商品『サマ~ド~ナツ』3点販売っ!? ベリ~、チョコ、レモン――ふむふむ……じゅるり」


「お! タイフ~きてんだ、3こも!! キュウコ~になんないかなぁ~?」


「台風なんか来たら、雨に風に大変でしょ。台風で家壊されちゃった人とかいるんだから」


「そ~だケドさぁ~……も~すぐナツヤスミだし、やっぱしいちにちでもキュ~ジツになればうれしくない?」


「う~ん……ウチは出かけられなくなるし、風で髪は崩れちゃうし……」

 言いながら綺麗に整えられた艶やかな黒髪を撫でる。


「じゃ、じゃ――イブキさんがカゼから月夜をまもるよ~にイタかなんかもってよこあるくよ!」


「ウチのが背高いからムリじゃない? それに――」


「?」

 月夜はじっとイブキを見つめた後に、


「そのちっこい身体じゃ強風で飛んでいちゃいそうだし」

 軽そうなイブキの身体を見ながらそう呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます