もてき。

 いつものバス停にて――


「ねぇ――」

イブキがスマホ片手に話しかけてくる。


「ん〜?」

月夜は話題のコンビニド〜ナッツを『モキュモキュ』食べながら応える。


「イブキさんのモテきっていつになるんだろ〜?」


ぽとっ。


「う〜……ウチのオ〜ルドファッションがアリさんの餌に……」

イブキの呟きに食べていたド〜ナッツを取り落とし涙する月夜。


「イブキさんのモテき〜」


「ほら」

そういって月夜はスマホをイブキに渡す。


「『モテきをコントロ〜ルする方法』?」


「こんな事もあろ〜かと、まえに見つけた時にブックマ〜クしといたの」

月夜はそういうと次はなにを食べようかと思案し始める。


「ヘェ〜……こんなキジあったんだ〜なになに――『あいてのイイトコをみつけられる』うん! イブキさんゲ〜ムキライなヒトじゃなければゼンゼンいい」

そういって次の項目を見るために画面をスクロ〜ルさせ、


「えっと……『いつでもレンアイできるよ〜にジュンビをしておく』これもバッチリ! いつでもウェルカム! コンボイのなぞクリアできるヒトだいすき‼︎」

さらに先を進め、


「『まいにちをたのしくすごす』すごしてる! ガッコ〜いがいたのし〜モン‼︎」

そこでふと疑問が湧くイブキ。


「あれ? 3つともみたしてるのにモテききてないよ〜な……」


「モテ期だけど彼氏できないだけなんじゃない?」


「えーーーーーーーーーーーーーーーー‼︎」

月夜の突っ込みに抗議の悲鳴を上げるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます