ブックマ〜ク16件目更新ぞ〜かんGo

「16けんめと〜ろくしてくれて、ありがと〜」


「きょ〜はねイブキさんのヒミツをだいだいだいばくろしよ〜かなっておもいました!」



「じつはね……」

イブキは言い出し辛そうに身体をクネらし、


「イブキさんね……」

チラチラっと相手の反応を窺いながら、


「じつは……」

意を決したように口を開き――


「ゲ〜ムがだいすきなんだっ! おぉ‼︎ いがいすぎてヤフーのキュウジョショ〜ワ〜ドになっちゃうぐらいだよね」


「ショ〜ライはゲ〜ムはいしんとかしたいな〜とおもってます! すきなダンセ〜のタイプはアリノかちょ〜みたいにヒエピタがにあうヒトがスキです」


「さいきんのなやみ? んっと……かじのしすぎでネイルケアがおいつかないコトかな〜あったかくなればなおるとおもうケド……にゅ⁉︎ スリ〜サイズ? んとね……バスト――」

そこで『ハっ!』と気づき、


「いわないよ! そんなコト‼︎ R18タグついちゃうじゃん‼︎ えっと……つぎなんだっけ?」


「んと……イブキさんのモデルになったこは『アオイ』ちゃんってゆ〜こなんだって」


「これでおわりだっけ?」

明後日の方角へ問いかけるイブキ。


「イジョ〜。ネタがないからなにかテキト〜にしゃべってってムチャぶりされたイブキからでした――えっ! ヨケ〜なコトいうな? もう! じゃ、ジブリでなんとかしてよっ‼︎」

履いていたロ〜ファ〜を脱いで思いっきり投げつけてくるイブキ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます