さいず。

 いつものバス停にて――


「あっ!」

月夜がグルメ系ニュ〜スを読んでいると、なにかを思い出したような声を上げる。


「ねぇねぇ――」


「ん〜?」

月夜が声をかけてきたのでイブキ読んでいた記事――ゲ〜ムの歴史年表という記事から目を離す。


「昨日からスタバで新作でてるから今日の帰り寄って行かない?」


「へぇ〜。どんなの?」


「うんとね……」

月夜はスマホを操作すると、その新作の画像を見せる。


「ヘぇ〜……ヨ〜グルとのフラペチーノなんだ。おいしそ〜」


「でしょ、でしょ!」

月夜がうれしそ〜に同意する。


「うえのクリームみたいなのでケッコ〜りょうもありそ〜だし、ト〜ルぐらいにしとこ」


「ウチは一番おっきなサイズにしよっと」

月夜がその時の事を想像してか至福の表情でそう言う。


「ヴェンティ〜だっけ?」


「えっ! Trentaトレンタだよ‼︎」


「なにそれ⁉︎ イブキさんのしってるやつとちがうっ⁉︎」

イブキの叫びも幸せそうな表情の月夜には届かなかった。


約1リットルらしいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます