ろぼ。

 いつものバス停にて――


「こ、これは……⁉︎」

イブキがテクノロジー系ニュ〜スを見ていると、ある記事が目についた。


「月夜! ロボが――ロボが――」

イブキがスマホを掲げ興奮ぎみに迫ってくる!


「ちょ――近い、近い⁉︎」


「みてよ! ロボにセ〜カクがイショクできんだって‼︎」


「へぇ〜。Googleが特定性格をなどを植え付けるロボットシステムの特許を取得」

月夜がイブキから見せられた記事とは、そんな内容だった。


「もし、もしイブキさんのセ〜カクをロボにイショクできたら――」


「どうせ、いいスタイルのロボになりたいとか言うんでしょ?」


「う〜ん……それもイイけど……やっぱしロケットパンチとオッパイミサイルはほし〜かな」


「おまえは一体どこを目指してんだ……」

呆れ顔でそう呟く月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます