りそ~のたいぷ。

 いつものバス停にて――


「ふ~ん……」

 月夜がなにかの記事を読みながらイブキのほうへ視線を移し、


「……自分磨きが好き」

 月夜がそう呟く視線の先でイブキが『~女はやっている』とか『~女はこ~している』などの記事を読み漁っていた。


「ん?」

 月夜の視線に気が付き、イブキが不思議そうに小首を傾げる。


「ど~したの? 月夜」


「いや、ちょっとこれってイブキに当てはまるかな~って思って」

 そういって月夜は自分のスマホに映しだされた記事を見せる。


 そこには――

『理想のタイプが高すぎる女性の4つ種』

 と、いうモノだった。


「イブキさんがこれにアテはまってるって?」

 イブキはその記事をジ~っと見た後に、


「アテはまってないよっ! シツレ~なっ!!」

 記事を読み終わった後にイブキはそういってプリプリ怒り出す!


「そう? この2つ目の恋愛経験値が少ないとかモロじゃん」


「すくないじゃないモン! ゼロだモン!!」


「3つ目の友達やクラスメイトの男子を元彼と比べる――は比べる対象がいないからムリとして」


「ネットや雑誌のコラムに踊らされる――これなんかモロだし」


「ち、ちがうモン! さ、さんこ~にしてるだけだモン」


「ふ~ん……で、理想のタイプも高いでしょ?」


「そ、そんなコトないよ。セカイで7にんしかクリアできないゲキムズゲ~クリアできるヒトとかだモン」


「……それって世界に7人にしかいないって意味じゃないないの?」


 別の意味で理想が高いイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます