2004BL86

いつものバス停にて――?


「イブキ」

いつもと違う様子の月夜。

「どったの⁉︎ なんでセ〜フクきてないの? ガッコウにおくれちゃうよ」

月夜はいつもの制服姿ではなく弓道着に胸当てを着け、長大な和弓を持ち、素足のままの姿だった。

「見て」

そういって月夜は空を指す。

「ん?」

イブキは言われるままにそちらを向くと、太陽の輝きに負けない輝きを放つ光が軌跡を残しながら――さながら昼間の流れ星のような光景に、

「なにあれ⁉︎」

「あれは2004BL86と呼ばれている隕石よ。26日に地球に最接近――いえ、もうすぐ地球に衝突する」

「えっ!」

「大丈夫。ウチがそんな事には――」

月夜は長大な弓を構え。

「させない!」

空の輝く星に向かって矢を放つ!


しかし放たれた矢は紅い光に包まれると消失してしまう。


「くっ! 魔王ペタジ〜二めっ!」

「マオ〜⁉︎ むかしのヤキュ〜せんしゅじゃなっくって⁉︎」

「それよりも救星の矢が……」

月夜が口惜しそうに歯噛みする。

「こ〜なったらウチらで直接止めるしかないわ! 行きましょイブキ」


月夜に手を取られると一瞬のうちに星空の中に放り出される!

「へ? なになに? ど〜なってんのっ⁉︎」

「見て」

月夜の指す先には太陽の光を浴び灼熱に輝く岩塊。

「直径500メートルの隕石――いえ、もう小惑星といったほうがいい大きさネ」

月夜がいつもと変わら口調で言う。

「ど〜するの?」

「たかが石コロひとつウチが軌道を変えてみせる」

やたら男っ前な表情で言い切り――

「JKはダテじゃない‼︎」

そう言い残すと一筋の閃光となって岩塊へと向かう。


チュンチュンチュン――バタバタバタ――


スズメの声を聞きながら目を覚ましてイブキは――

「……さすがにこれはユメだとおもったよ」


小惑星2004BL86本日最接近です。

2015年1月26日の話しです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます