ぞ〜かんGo

「「せ〜のっ――」」


「「11件目のブック〜クぞ〜かんはっじまるよ〜‼︎」」


「ぞくぞくふえてくね〜イブキさんのファン」

「なんでウチのファンはいない事が前提なのかしらないけど、2015年始まったばっかりなのに幸先は良いね」

「このチョ〜シでほんぺんもすすんでいけばイイよね〜」

「進んでいくもなにも、目的なんかあったっけ?」

「えっ⁉︎ イブキさんがウンメ〜のカレシとであうラブストーリーじゃないの? このおはなし」

「すっごい突然⁉︎ そんな様子や伏線なんか全くないのにドコでそ〜思った⁉︎」

「え〜! ずっとそ〜おもってたのに……ダマされた……イブキさんカワイソ〜」

「大丈夫だよ」

落ち込むイブキに月夜が慰めるように優しく接する。

「うわ〜ん‼︎ ことしじゅ〜にゼッタイ、ゼッタイ――カレシつくるモン‼︎」

泣きながらそう叫び走り去るイブキの背中を見つめながら、

「これから応援よろしくお願いします」

月夜がそう締めくくった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます