ぬくぬく。

 いつものバス停にて――


「うぅ~……さうさむ……」

 強い風吹き荒れる中で身を震わせ真っ白なマフラ~に顔を埋めるイブキ。

「ホント。なんか急に冷えたよね」

 こちらも真っ白な手袋を両手で擦り合わせながらの月夜。

「やっぱし……シュウゾ~がいないからかな?」

「なんか、ウチも最近はその説が本当に思えてきた。雪ふってきたし」

 月夜のその言葉どおり空から雪が降りはじめる。

「……は……くっちゅ!」

 小さくクシャミをした後、身を震わせながら月夜にピトっと身を寄せる。

「さむさむ――月夜あったかい!」

「イブキもヌクいよ」

 深々と降る雪の中でピッタリと身を寄せ合い、少しの温もりを感じた二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます