がったい。

 いつものバス停にて――


「おぉ! こ、これはスゴひ!!」

 イブキがスマホを見ながら拳を握りしめ一人興奮している。

「ハ~ゲンからお餅のはいった新味でるんだ~」

 月夜はあえてイブキを放置し、自分の興味のある話題を口にした。

「そんなコトより、これみてよ!」

「そんな事!? アイスの中にお餅がはいってんだよ! きなこ黒蜜とかメッチャおいしそうじゃん!!」

「でも、アイスだよ! こんなサムいのにアイスなんて……あったかいへやでたべたいな」

「でしょ! 美味しいは正義なの!!」

「こっちもすっごいよ。ほら――」

 そういって掲げるスマホの画面には――

「なのこれノ~パソ?」

「っぽくみえるケド、じつはこれね――プレステ4とエックスボックスワンががったいしたツインハ~ドなんだよ!!」

「うわっ! すっごくど~でもイイ!!」

 イブキの解説に即座にそう言い切る月夜。

「なんでよっ! これがあれな――これさえあれば……うんっと……えっと……」

「うん。わざわざ合体させる必要ないもんね。そりゃ使用用途も思いつかないよ」

「でもガッタイはセ~ギだよ!!」

「そ~かな?」

「そうだよ! ゼッタイそう!! ためにしにイブキさんと月夜をガッタイさせてみれば、そのスゴさがわかるよ」

「合体って」

「カラダのみはったつなイブキさんとエロエロボディだけどセ~カクはゴリラの月夜がガッタイすれば、エロエロボディにジョシリョクがたかいパ~フェクトじょしができあがるよ!!」

「ウチの性格がゴリラってのは百歩譲るとしても、それだとイブキのよ~に頭が悪いままだけど……それでもパ~フェクトなの?」

「……かんがえてなかった」

 パ~フェクト女子への道は遠い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます