よくじつ~

 いつものバス停にて――


「あ~あ……クリスマス、タダのヘ~ジツだったな~」

 イブキが朝の寒空にむかってはぁ~と白いタメ息を吐き出す。

「いいじゃない。結構、楽しんだんでしょ?」

「うん……まぁ……おいし~モノいっぱいつくったり、プレゼントもらったり、楽しかった」

 その時の事を思い出したのかニヘラ~と締まりのない表情を浮かべる。

「なら、いいじゃない」

「むう……それはそれ、これはこれなの! やっぱりカレシとすごすクリスマスもケ~ケンしてみた」

 と、ない胸の前で手を組み夢見るような瞳で呟くイブキ。

「はいはい。いつかくるとい~わね」

「月夜はクリスマスのよくじつがショ~ブだもんね~」

 そういって半額シ~ルが貼られたクリスマスケ~キ3個持った月夜を見るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます