おっぱいかくさ。

 いつものバス停にて――


「中国で下着ドロが盗み過ぎて、保管場所の家屋が崩壊!? はぁ~ここまでくると立派に思えてくるわ……実際にウチが被害にあったら迷惑だけど……」

「そ~なの? たしかにちょっとサイフにはイタいけど、そこまでじゃないよ~な……」

 ※女性用下着は胸のサイズで値段が大きく変わります。

「そうかな? うわっ! 2000着だって、また随分とハッスルして盗んだみたいね」

「そんなにとったんだ~」

 イブキもその数に驚く。

「金額にすると――」

「おかねにすると――」


「六「千「百万円!!」」


「アレ?」

「あれ?」

 なぜか金額に大きく開きがあり、不思議そうに小首を傾げる二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます