おおゆき。

いつものバス停にて――


「……バスこないね」

「この雪だし止まってるかも」

月夜が時刻表とバスはやってくる方角を見ながら白い息ととに言う。

「ねね。さむいしコンビいこ〜よ」

イブキがマフラ〜に顔を埋め、少しでも暖を取ろうと腕を身体に巻きつけ、足踏みしながら提案する。

「でも……もしバス動いてたら遅刻しちゃうよ」

「いいよ、いいよ。むしろ、いえにかえらないだけエラいよイブキさんたち」

「コンビニもやってんのかな?」

月夜がふと思った疑問を口にする。

「やってるでしょ!」

「だって、この雪じゃ店員さん出勤できないんじゃない?」

「アマい、アマいよ月夜。コンビニて〜いんさんはモサなんだよ」

「そうなの?」

「うん。あのバ〜コ〜ドをピッっとするやつでゴ〜トウのナイフをはたきおとしたりできるんだよ‼︎」

「あぁ……ちょっと前のニュ〜スにそんな記事のってたね。でも、それを基準にするのはど〜かな?」

「とにかく、ジシンでもカミナリでもインセキがふってきてアシタ、チキュ〜がなくなるとしてもテ〜インさんはコンビニではたらいてるのっ‼︎」

「……さすがに地球最後の日には働いてないよ思うよ」

それでも、真面目な日本人の事だから、働いてる奴もいそ〜だなと、しんしんと降る雪を見つめ思った月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます