すずめ。

 いつものバス停にて――


「ん~……」

 イブキがボ~とした表情で上を見上げている。

「どうしたの? 口開いてるよ」

「んとさ~スズメみてたんだけど、マンマルくて――」

 というイブキの視線に合わせる様に月夜も上を向く。

「あ~冬になると鳥ってまんまるに太るね」

「スズメってそこらへんにいっぱいいるケド、まんまるでチュンチュンないて、ピョンピョンはねるようにあるいてカワイイよね!」

 冬の寒空の中を飛び回る雀を見上げながら――上を見ていたため隙間ができてしまったマフラ~を直しながら雀を注視しながら呟いた。

「そうね~」

 月夜も同意するように続ける。


































「それに美味しいしね!」

「たべちゃうのっ!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます