まふまふ。

 いつものバス停にて――


「ねぇ。イブキ――」

 声をかけた後、月夜はハァ~と真っ白な息をスマホ操作する手に吐きかけ、仄かにあったまと手を耳に当てて間接的に耳を温める。

「ふんふんふ~ん♪」

 イブキはというと、白いフワフワのイヤ~マフをつけて、月夜の声は届いていない様子。

「しかたないな~」

 月夜がちょんちょんとイブキの肩をつつき、

「ん?」

 月夜が耳を指して、耳あて、耳パット、イヤ~マフをを外すように促す。

「なに? ど~したの?」

 イブキがマフを外しながら月夜のほうを向く。

「いい加減、ウチのマフ返して!」

 冷えた風の中、必死に耳を温めようと手を当てながら月夜がそう叫んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます