【突然腐】かれしのつくりかた。

いつものバス停にて――


「カレシってさ〜」

寒さが厳しくなりつつある秋のある日。

「ど〜やったらできんだろ?」

活動的な生脚スタイルだったイブキも寒さの影響で膝まであるニ〜ソックスを履き、頭にはニット帽をちょこんと載せた冬制服姿で呟いた。

「ん〜……そりゃ〜ある日、男子が告白してきてできるんじゃない?」

紺色のカ〜ディガンにホットココアを飲んでいた月夜が応える。

「コクハクまちなの?」

「好きな人いれば、自分から告白するのもアリなんじゃない? イブキいるの?」

「……いない」

「じゃ、男子からの告白待ちじゃない? でも、突然ど〜した?」

「ほら、あとひとつきちょっとでクリスマスでしょ?」

「あ〜なるほど」

「コトシもカレシなしだとコタツにアゴをのせたまま、ゆっくりジカンケ〜カをまつだけのひになっちゃうじゃない」

「そんな事してんのっ⁉︎」

「だって、そとはコイビトド〜シがあるいてるし、ツイッタ〜とかはラブラブつぶやくばっかだし――もうマオ〜ふっかつのギシキとかしたくなちゃうよ」

「かりにも聖夜になに考えてんのよ!」

「月夜だって、そ〜いうヤカラをと〜くからピスピスいぬきたいとかおもってるでしょ?」

「ウチはカップルよりも、そんな日に男二人で歩いてるのを見つけていろいろ考えるほ〜が忙しいのっ!」

「ごめん……月夜がなにをいってんのかわからない」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます